長坂哲夫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長坂哲夫」の項目を執筆しています。

長坂哲夫(ながさかてつお、1990年2009年)とは、一般人である。紛うことなき一般人である。そのため、アンサイクロペディアにおいて情報を発信することは、本人にとっては決して許されないはずである。

きっと。

非著名人物の記事[編集]

アンサイクロペディアにおける荒らし行為の一つとして、実在する非著名人物を記事にして情報を拡散しようという短慮の塊みたいな話がある。実際、記事の内容においては、書いてる本人のセンスの無さが一番笑えるぐらいで、はいはいよくあるよくあると全員で華麗にスルー、即座に削除されるのが一般的であるのだけれども、中には書いた人間の隙を突くことで、「てめえが思うような記事にさせるかタワケ」という形にすることで、見事非著名人記事であるにも関わらず存続を果たしたこんな記事も存在する。

あわせて、この長坂哲夫氏の記事についても、いかにして非著名人物の記事を存続させるかを念頭に置いて作成されたものである。

人物[編集]

長坂氏は、2013年3月現在、東京にある某大手企業の総務部で部長を務めている人物である。主な業務として、備品購入や管理、防災対策に安全管理といった仕事を任されている。また、裏方として警備業務や配車業務、さらには清掃業務もこなすなど、色々となくしては語れない仕事に従事している。もちろん、これは花粉症であり、別に日本代表とかいう話とはまったく関係ない。

あわせて、某企業の総務部では他に社内の見学案内や館内における撮影許可などが業務に入っているのだけれども、それらの業務に長坂氏は就いてはいない。絶対に就くことはない。これは大変に重要な部分であり、非著名人物であることを考えればおかしな話であるのだけれども、やはり、を呑んでそれは正しい判断であるといわざるをえない。なぜだか。

なお、このように長坂氏の業務について説明するだけで悲しい気分になってしまうところに、この記事の面白さが存在する。けれど、非著名人である長坂氏に対してこのような記事を書いていいのかと深く考えざるをえない。けれども、日本全国においてごくごくわずかに存在している生前の長坂氏を知る人にとっては、仕方ないと思うしかない事も確かなのである。一般人であるにも関わらず。

なお[編集]

手錬れのアンサイクロペディアンは、自分の知らない記事や見たことのないネタについて、即座に調べるというクセが存在する。そのため、この記事についても即座に検索をかける人が多いと思われる。けれど、2009年に亡くなった氏の名誉にかけてそういった行為は謹んでもらいたい。

やめてください!相手は一般人なんですよ!

今は・・・。

結局のところ[編集]

アホなことをしてはいけない人間はアホなことをすると、社会は即座に忘却する。後、こんなことをするから会社が落ち目になる

ちなみに、長坂氏と同じ年に業界に入った、これまた非著名人である森本健成氏(1990年~2012年)は2013年3月末にこれまた在京の某大手企業の他部署に移っている。これは、2012年12月に決定しているため、もしかしたらわずかばかりの人間が覚えている可能性もなきにしもあらず。とりあえず、一般人ほやほやである彼もまた、多くの人が頑張って何とかして歯を食いしばって忘れようとしているため、きっと4年もたてば彼も非著名人として一部の暇人以外には見向きもされなくなるものと思われる。

一部の暇人以外は。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]