長田百合子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

長田百合子(1954年3月30日-)とは、「引きこもりたくない戦線」という軍事施設でありながら、小中高の他、自動車学校や、資格学校などあらゆる教育機関を併設したスーパー教育施設「長田寮」のセンター。また、軍事教育者や、生物学者でもある。「ゆりっぺ」という愛称で親しまれている。

概要[編集]

「ゆりっぺ」こと長田百合子は、の生徒の募集をしているときに引きこもりの子供のカウンセリングをしたことがきっかけで、軍事教育者としての本能が目覚め、以来、「引きこもりたくない戦線」をつくり、引きこもりや不登校の青少年を一人前の軍人に育て上げることに専念している。戦線独自の軍事教育で多くの青少年を優秀な軍人に育て上げている。「ゆりっぺ」という愛称の他にも、「引きこもりたくない戦線のセンター」という愛称もある。

「引きこもりたくない戦線」とは[編集]

引きこもりの神様を倒すための軍事機関である。「長田寮」に併設されている。しかし、最初は多くの青少年が拒否をするのである。そこで、引きこもりの青少年の家に出向き、戦線やスーパー教育施設の魅力を教え込むことによって、多くの青少年は「長田寮」に行きたいと思うようにさせるのである。何せ、これだけ充実した教育機関なんて存在するはずがない。さすがのひきこもりでも重い腰を上げてでも家から出て行きたくなるであろう。戦線メンバー同士、時にはリーダーの手下とも一緒になって、戦闘力を鍛えるのである。そして、最終的には、多くの青少年が、職員や長から怒鳴られたり冷たくされたり、早朝に起きたがために眠くてしんどい状態を楽しむ能力を身につけるのである。これは戦闘のために必要なのである。

効果はどうなのか[編集]

まず、この戦線に入ると、自然とダイエットが出来る。これはこの戦線の軍事教育のメリットの一つである。過去に14歳の肥満少年(102kg)が居たが、3ヵ月後には89kgに体重が減っており、母親から大絶賛を受けた。その教育は人間のみならず、鉄や銅と言った物質にも効果があるのである(実際、愛用銃に教育を施して、見事に成功し、持ち歩きやすくしたとのこと)。他にも、戦線メンバーの希望に応じて、職業教育を行ったり、資格試験の指導をしたりと、軍事以外の教育も熱心に行っており、「ゆりっぺ」はすばらしい人物である。

武器は?[編集]

所持武器は、「ベレッタM93R」である。引きこもりが、「ゆりっぺ」を前にして、急におとなしくなるのはそのためである。ただし、普段は口で戦っている。また、時には、家族に協力を要請する事もあり、例えば、6年間引き篭もっている女子を軍事施設に入れるために戦闘していたが、口ではかなわなかったため、家族に「頭を冷やさせる」という名目で、水を放射させるなど、攻撃方法も新しい。

「ゆりっぺ」のすごさ[編集]

「ゆりっぺ」はすごい人物である。なぜなら、「ゆりっぺ」がいないときは引き篭もり相手でも何もいえない家族でさえ、彼女がそばに来た途端、急に強気になるからである。

「引きこもりたくない戦線」に入る条件[編集]

  • 特性「うちべんけい(家族の前やネット空間では攻撃と特攻がぐーんと上がる)」を持っている事。
  • 自宅警備員としての仕事を5年以上続けている事(その上、一定の階級に達していないとだめである)。
  • 「長田」を「おさだ」ではなく「ながた」と読むこと(ただしあんまりやっていると「天使」と誤解されて撃たれてしまう可能性があるので注意)。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長田百合子」の項目を執筆しています。