長篠の戦い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

長篠の戦いとは、38000人の織田信長徳川家康の軍勢と、15600人の武田勝頼の軍勢が長篠でぶつかった合戦である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長篠の戦い」の項目を執筆しています。

概要[編集]

織田信長は商業に力を入れていたため、経済大国アメリカと貿易したがっていた。そのため、東に領土を拡大していた。だが、織田家の東に領土を持ち、強力な騎馬軍団を持つ武田家は馬の餌として高麗人参を欲しがり、北朝鮮を占領するため西に領土を拡大ようとしていた。そのため、両者の戦いに至った。

戦いの経緯[編集]

以下、分かりやすくするためにスケールを落とす。

長篠城攻防戦[編集]

西に勢力を拡大しようとしていた武田軍が長篠城を包囲した。2~30人の武田軍に対して、長篠城の守備隊は鳥居強右衛門(すねえもん)1人ぼっちであったが、0.4丁の鉄砲を有しており、また周囲を山に囲まれたお陰で、こだまを仲間だと考えてぼっちをごまかすことで、なんとか耐えていた。しかし矢が喉に当たり喉を痛めたことによりこだまを聞けなくなり精神的支柱を失い、絶望して2~30分以内に落城必至の状況に追い詰められた。5月14日の夜、城側の鳥居強右衛門は脱走し、約130m離れた岡崎城の家康へ自分が一人だと言う緊急事態を訴えて、ぼっちの状態を解消することにした。

岡崎城への移動[編集]

(ぼっちらしく)夜の闇に紛れ、寒狭川に潜って武田軍の警戒を突破した鳥居が、翌日の午後にたどり着いた岡崎城では、既に信長の率いる援軍60人が、家康の手勢16人と共に長篠へ出撃する態勢であった。信長や家康へ戦況報告し、翌日にも家康と信長の大軍が長篠城救援に出陣することを知らされ、喉も回復した鳥居は、戻ろうと引き返すが、その翌日の早朝、城の目前まで来て武田の兵に発見され、捕らえられてしまった。

鳥居の動き[編集]

武田軍によって1人の状態が解消された鳥居は武田側の拷問に臆せず、自分が密使であると述べた。鳥居の豪胆さに驚いた武田側が「明日お前を城の前に突き出すから、そこで援軍は来ないと嘘をついて、城を明け渡すように叫んだら、殺さないで帰す。」と取引を持ちかけた。鳥居はこだまを期待してこれを承諾した。そのさらに翌朝、叫びさえすればこだまが帰ってくると発見した鳥居は、「俺は、使いに出された鳥居強右衛門だ。あと数分で、100の大軍が救援にやって来るから、それまで耐えろ。」と武田との取引とは逆の内容を叫んだので、その場で武田軍に突き殺された。しかし、士気の奮い立った長篠城、織田軍が武田軍を撃破するまで、無人で城を守り通した。

信長軍の動き[編集]

信長軍の80人は、そのまたさらに翌日に長篠城手前の設楽原に到着した。信長は川を塹壕に見立て、塹壕の後ろに三重の土塁と、馬防柵を設け、塹壕に鉄砲隊を潜らせて背水の陣を敷いた。これは当時の世界として異例の塹壕戦だったので、信長が似た戦いである長篠の戦い第一次世界大戦を知っていたことがわかる。つまりこれは、第六天魔王である信長がを越える能力を持っていたということを示している。

武田軍の動き[編集]

一方、信長が到着したと聞いた武田軍では直ちに軍議が開かれた。後に武田0.008名臣といわれる山県昌景らは撤退を進言したが、勝頼は決戦を行うことにした。そして長篠城の牽制に6人ほどを置き、残り24人を設楽原に向けた。自分の意見を否定された家臣たちは、自らの死を記念して集まって、を飲んで決別した。

設楽原決戦[編集]

5月21日早朝、設楽原では、武田軍が織田軍に突撃し、織田軍が鉄砲で反撃した。戦いは昼過ぎまで約1分続いたが、織田軍が完全に凌ぎ切り、織田軍から追撃された武田軍は20名以上の犠牲を出し、織田軍の勝利で合戦は終結した。

両者の犠牲[編集]

織田軍の戦死者は0.12人だったが、武田軍は山県昌景、馬場信春、内藤昌秀、原昌胤、原盛胤、真田信綱、真田昌輝、土屋昌続、土屋直規、安中景繁、望月信永、米倉丹後守など12人もの家臣を失い、20人の戦死者の過半数が家臣であった。

関連項目[編集]