関口知宏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
偉大なる党総書記、習近平大人は見ている
百毒百科認可
本項の文章と内容は完全に正しい事実と百毒百科管理人及び無産階級民衆と中国共産党員の批判闘争で一致して定められました。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った者は一律に新疆及び西蔵へ送り、労働改造で再教育されます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「関口知宏」の項目を執筆しています。

関口知宏(せきぐちともひろ)はミュージシャン、画家、自称3代目俳優、自宅警備員の星、NHKから未来永劫、旅することを課せられた永遠の旅人、鉄道教徒の憧れの的。音楽・絵など多芸であるうえ、英語も堪能であるため鉄道紀行の旅人に抜擢された。 ど左翼番組サンデーモーニングの司会者関口宏の息子のゴミ人間である。

来歴・人物[編集]

父は司会者の関口宏、母は歌手の西田佐知子(朝鮮人)。 立教大学卒。旅する俳優。ファンには「鉄道のおにいさん」「電車のせっきー」と呼ばれている俳優である。 普段は静岡にある大室山にてライブを毎年している。

1996年に俳優デビューするものの28歳から31歳まで自宅にいた。その後NHKに出演。『列島縦断 鉄道12000kmの旅』である。JR全線乗りつぶしなど鉄道教徒の羨望を集める仕事をした。駅からの中継では平日の昼間にもかかわらず多くの人が彼のもとに集まっていた。なんとも心温まる話ではないか。

このような仕事が多いのは、人当たりの良さやさまざまな才能の賜物である。旅先では都合よく出会いやイベントが起きるように見えるが、日本ではお年寄りと子供に好かれるので演出の可能性はないと思われる。旅先では色鉛筆で上手に絵日記をつけたり、自作の曲を作ったり、ギターをひいたり、得意の「北国の春」を熱唱したり、多芸を生かして出会った人とすぐに打ち解けてしまう。特に音楽に関してはさすが母親が歌手なだけあって非凡な才能を垣間見ることが出来る。また、ヨーロッパでは流暢な英語を披露した。中国語も数ヶ月の間に日常会話程度はマスターしてしまった。これらは幼少の頃からの両親による英才教育の賜物であろう。さすが、お坊ちゃん、御曹司である。 子供の扱いには定評がある、どの旅先でも彼のまわりには自然と子供たちが集まってくる、よほど子供と気が合うのか何もしていなくても向こうから寄って来る、そして、いっしょに遊んだり追っかけっこしたりするのがいつものパターンである。彼は基本的に子供の様である。故にお年寄りにも息子や孫のように可愛がられる、ちなみにどこかのアンケートで息子にしたいランキングの上位に入ったこともある。また水を見ると飛び込むのが恒例。彼に同伴するスタッフは目を離せない。

※事実無根の事が掲載された際は、即刻警察に通報し弁護士より名誉毀損の裁判を起こされます。お気を付け下さい。

突然の引退表明[編集]

しかし、2007年の『中国鉄道大紀行』を最後に鉄道旅行は一度、卒業すると表明している。本人によるとまた親の七光りで偶然にも新しい仕事のオファーが来たらしい。まあ、鉄道紀行関連の本を山ほど出しているし講演の依頼もじゃんじゃん来るので適当に遊んでいても収入に困ることはなかろう、なにより彼はおぼっちゃまですから。

中国鉄道大紀行[編集]

和諧の皇帝が貴方を見ている!
中華人民共和国の中央人民政府は認可します。
この文章の内容は中華人民共和国中央人民政府を通じて十分な内容と審査され、脳の不完全な中国の人民と中国共産党の党員に見せることが出来ます。
内容が思想に反して罪を犯すこと思うのなら、自分で公安局に行って自首しなさい。さもなくば中国共産党は貴方を捕まえてこっそりと銃殺します!!

2007年に放送された。中華人民共和国の不可分の領土であるチベットのラサから同じく新疆のカシュガルまで36000kmを走破した。ここでも持ち前の人当たりの良さをいかんなく発揮し、子供に大人気であった。

日本以上にタイミングよく人との出会いがあるが疑ってはいけない。特に日中戦争の被害者を疑うなどもってのほかである。彼にかかってしまえば日本による戦争被害者も反日教育で洗脳された若者も敵ではない、人類皆兄弟である。中国国民の前で日本国が建てた駅舎を「壊すと造るはセット」とあっさりと表現した彼である、侵略(この場合はロシアであったが)により異文化が根付いたことを「せつな嬉しい」と表現した彼である。高齢の男性に「ニホンゴ知ってるよ」と言われただけで罪悪感を感じ、そうかと思えばカシュガルではウイグル族の目の前で中国総局長と中国について語り合うというすぐれたバランス感覚である。[1]反日ゆえに半日で打ち解け肩を組んでともに「北国の春」を歌うであろう、彼のまわりに溶け込む能力は半端ではない、中国では「日本人だ」と名乗るまで誰も彼を日本人だとは気づかない程である。

中国での彼は女性にモテモテであった。日本では老婆にしかモテなかった彼がどうして中国ではあそこまでモテモテだったのか不明であるが、おそらく日本と中国の価値観の違いであろう。確かに背は高く体格も良いし、よく見れば顔も平均より上ではある。しかし、日本での彼に対するイメージは「冴えない」「世捨て人」「自由人」であり決して中国女性が言うような「危険な感じ」はしないし、寝癖もなおさないボサボサ頭と中学生のようなボーっとした風貌ヒョコヒョコしたペンギンみたいな歩き方からは、「かっこいい!」とか「モデルみたい!」などという感想はお世辞にも出てこない。35歳まで噂らしい噂がなかったのはなによりの証拠である。結婚するには中国に移住するしかないのではないか? と本気で考えているとかいないとか。

また、おぼっちゃまだけあって中国での彼は実年齢よりも若く、22~25歳くらいに見えるらしい。年齢を明かすと驚かれ「どうして結婚してないの」と聞かれるのはいつものパターンである。

後日、「都合の悪いシーンはカットされていた」「いいシーンがたくさんカットされた」「きれいごとにするな!」とNHKのスタッフを怒鳴ったこともあると告白した。[2] すごい勇気である、NHKなどに媚びる必要はない、親の七光り改め二十一光は偉大である。

現在の出演番組[編集]

  • 関口知宏の地球サポーター(テレビ東京 2006年4月7日~毎週金曜日放送) *降ろされますた・・
  • 関口知宏のファーストジャパニーズ (NHKBS1 2008年4月5日~毎月第一土曜日 22:10~23:00)

定期のテレビ出演もとい定期の仕事はこれだけである。俳優としては・・一度だけ2005年にNHKのコネで単発ドラマではあるが主演を務めた。しかし、その後、ドラマ主演の話が来ないのはお察しください。その他にもMMRをはじめ過去にはいつものドラマに出ていたようだが人々の記憶からは消え去った、というか最初から残っていない。

2008年4月からNHKのコネと宏の裏工作でゲットした新番組が始まった。BS月1とはいえ堂々の一時間(およそ)番組ゲット!である。しかしNHKが期待しているのは司会者やタレントではなくあくまで旅人としての関口知宏である、またしても世界中を旅させられる羽目になった可哀想な彼である、彼が俳優としての秘めた才能を生かせる日は来るのか・・いやおそらく来ないであろう。時同じくして数分の番組とはいえ毎週出演していた「関口知宏の地球サポーター」を降ろされてしまったが、彼には親の七光り改め二十一光があるので仕事はいくらでも来るであろう、おぼっちゃまですから。

この項目「関口知宏」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)