関西私鉄王国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

関西私鉄王国(かんさいしてつおうこく)とは、日本関西近畿)地方における五大私鉄、それに中小私鉄各社によって構築された鉄道王国連邦の通称である。

現在、大阪市京都市神戸市などといった関西の地方自治体とも手を組み、スルッとKANSAIという共通査証制度を設けている。

王国の構成メンバー[編集]

関西私鉄王国の路線図
スルッとKANSAIのイメージキャラクター。見てのとおり反JR西日本である。

関西私鉄王国はあくまでも通称であり、欧州連合と同じく以下の各王国の緩やかな連合体と見るべきものである。太字はその中でも勢力の大きい「五大国」を指し示しており、このうち最も力が強いのは阪急系の「阪急王国」、近鉄系の「近鉄王国」である。両国は関西私鉄王国代表の座を巡って、欧州連合のイギリスフランスドイツのような争いを起こしているといわれている。

なお、昨今では阪神が阪急に併合され、同王国の属国となるなどといった動きが起こっている。しかし戦中は阪急が京阪を、近鉄が南海を併合していたことから、これでも一時に比べれば国の数は増えたといえる。

また連合のオブサーバーとして、以下の地方自治体も参加している。

※植民地には独立がなく、属国なら独立が保たれている

昨今の状況[編集]

関西私鉄王国は日本国からの完全な独立を目指して活動しており、関西から日本国有鉄道の勢いを駆逐することに成功していたが、昭和末に日本政府の策略で「地域密着」を目指すとして西日本旅客鉄道に運営組織が変更されたことにより、その地位が危うくなった。

東海道本線では国鉄時代よりさらにスピードアップを行い、さらに国鉄時代は長らく非電化と、私鉄に対し全く勝負する気がないことを見せ付けていた関西本線奈良線山陰本線福知山線などの電化・高速化を実施、アーバンネットワークと称して私鉄王国の切り崩しにかかっている。

昨今のスルッとKANSAI設立の動きは、上記に対抗するための策略とされている。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「関西私鉄王国」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)