闇ファイバー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

闇ファイバー(やみふぁいばー)とは、Dark fiberのことであり、闇プログラマーに使役されるために開発された通信媒体である。デジタルマーズ社のウォルター・ブライトによって作られた。プログラミング言語界のアンゴルモアの大王とも言える存在である。

概要[編集]

闇ファイバーというのは、闇プログラミング(Dark Programming)を行うためのサブ装置である。ただし世間では最先端の技術で作られた光ファイバーの一種だと思われているが、実際には構造が全く違う。

闇ファイバーの先端を水素の中にいれて炎を近づけると、ポンと音を立てて水を発生する。また、このコードはよく冷やしておかないと、先端部分が液化または気化してしまう可能性がある。

使用者[編集]

闇ファイバーは一般的にはあまり使用されていないが、闇プログラマーがハッキングやらをするためには光ファイバーでは速度が足らないのでそれを使っている。最近は闇ファイバーver.2なるモノを開発中で、これにより1Tbpsの速度を実現できる可能性があるとウォルター・ブライトは述べている。

構造[編集]

接続端子[編集]

闇ファイバーの接続端子はパソコンにつなげるLANの端子と同じ形をしている。理由はデジタルマーズ社が新しい規格を作るのがめんどくさかったから、粘土をLANの端子に押しつけて型を取ったからである。 ここで注意すべきなのは、闇ファイバーの接続端子をLANにくっつけてしまうと、酸化鉄を生じてしまう可能性があるので気をつけなければならないことである。

本体部分(コードの部分)[編集]

本体の部分は、外側をビニール、内側は小人で構成されている。 闇ファイバーは信号を伝達する際、先端部分から受けとった電気信号を先頭にいる小人が感じ取り、それを手話で隣の小人に伝える。 小人は中性子で構成されている地球外生命体のため、寿命は短いが情報伝達速度がとてもはやい。なので現在の闇ファイバーは200Gbpsを実現している。 次世代闇ファイバーはこの中性子で構成されている小人を真空間素粒子に置き換えた生命体にすることで1Tbps以上の速度を実現しようとしているが、そのためには現代の科学力では膨大な電力を要するのでどのようにして節電をするかが世界の目標になっている。

関連項目[編集]