防犯対策

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「防犯」の項目を執筆しています。

防犯対策(ぼうはんたいさく)とは、人々が行なっている防犯をいかにしてくぐり抜けるかという対策である。

受動的防犯対策[編集]

空き巣暴漢など、いつ起きるか分からない犯罪を防ぐためにあらかじめ仕組まれた罠への対策。

建物の防犯対策[編集]

空き巣に関しては、ピッキング技術の発達により対策は万全かと思われたが、近年二重施錠や監視カメラの設置などにより、さらなる対策を練る必要がでてきている。

マンションなどでは、オートロックや録画機能を備えたインターホンが設置されていたり、あまつさえ入り口を通過するのにIDカードが必要だったりと、侵入するのは極めて困難である。

その一方で、個人住宅では、未だに鍵を植木鉢の下や郵便受けなどに置いていることもあるので、マンションよりは侵入が容易である。

携帯防犯対策[編集]

通り魔や暴漢に立ち向かうため、スタンガン催涙スプレーなどの武器を所持している人もいるが、素人にそれらの武器を使いこなせるはずもないので、先に武器を奪ってしまえばこちらのものである。

児童の誘拐などを防ぐため、防犯ブザーGPS機能付きケータイなどを児童に所持させる例が急増しているが、これも即座に奪ってしまえば問題ない。

能動的防犯対策[編集]

あらかじめ犯罪の起きやすそうな場所をなくしたり、町内で見回りをするなどして犯罪を防ごうとする行為への対策。

職質対策[編集]

近年、犯罪を行う前から職務質問によりその計画が発覚してしまうケースが多発している。 これを防ぐには職質を受けないことが一番だが、そうすると余計怪しいので堂々としていればよい。 仮に明らかに犯罪に使うような道具が出てきても、涼しい顔で白を切れば、案外バレないものである。

防犯対策標語[編集]

いかのおすし[編集]

「(いか)行かない」「(の)乗らない」「(お)大声を出す」「(す)直ぐに逃げる」「(し)知らせる」から成る児童の防犯対策標語。

最近の子供は防犯意識が高まっているので、より一層注意が必要である。

誰か必ず見てるゾ[編集]

犯罪行為発見防止のための防犯対策標語。「誰か必ず見てるゾ 犯罪のない街」といった標語を掲げることで、常に周囲の確認を怠るなという教えを説いている。

関連項目[編集]


この項目「防犯対策」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)