防風林

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「防風林」の項目を執筆しています。

防風林(ぼうふうりん)とは、武田信玄騎馬軍団を妨害するために建造された防壁である。

概要[編集]

戦国時代、甲斐の虎と称された猛将・武田信玄の騎馬軍団は各地の大名から恐れられていた。大名たちは、武田家の勢いを食い止めるべく、こぞって領内に防壁を築いたという。これが防風林である。「風林」とは、言うまでもなく武田信玄の軍旗「風林火山」の意であり、すなわち防風林とは、武田軍の攻撃を防ぐという意味である。

この防壁の存在は、武田信玄の実力が決して後世に生み出された評価等ではなく、実際に戦国大名たちから脅威と認識されていたことを裏付ける証拠であると考えられているが、何故か歴史学会からは無視されている。

弱点[編集]

このように各地に建造された防風林であるが、防壁として運用する上で大きな問題点があった。それは、火に弱いということである。実際、防風林は武田の騎馬軍団がやってくる前に、火事で燃やされたり、敵軍に放火されたりして全く役に立たないどころか、周囲に燃え移って大損害を出したという。防風林は風のごとく疾い騎馬隊を撃退できても、火のごとく侵掠する放火魔に対しては、何の意味もなさなかった。防風林が、風林火山の内最初の2つしか防げない防壁であることは、その名前からも明らかである。

現代の防風林[編集]

現代でも、全国各地に防風林が存在しているが、上記のように防風林は簡単に燃やされてしまったため、当時のものは全く残っていない。今あるものは近代になってから観光目的で再建されたものである。特に映画やドラマで武田信玄が取り上げられるにつれ、彼の知名度にあやかろうと、全国各地に町おこし目的での防風林の再建ブームが起こった。しかし、武田家の領国である甲斐周辺はともかく、明らかに武田家と交戦していない九州や沖縄、北海道にまで防風林が作られる始末であり、こうした安易な行為は一種の歴史捏造ではないかと一部で問題視されている。

関連項目[編集]