阿部玲子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「阿部玲子」の項目を執筆しています。

阿部 玲子(あべ れいこ、10月9日 - )はアダムが製作した量産型エヴァンゲリオンの第14号機であり、地下アイドル声優

概略[編集]

愛称は「あべっこ」。声優なのに声優の仕事がまったくないことで有名。これまでのアニメ出演履歴は、「ストロベリー・パニック」の脇役しかない(マジで)。所属事務所ラムズに上手いようにこき使われており、ある意味悲惨である。また、エンタ371の「新・天使のVOICE」から出演依頼が来るが、仕事についてのトークは一切なく、家具屋でデジカメを廻してるだけという内容にファンは衝撃を受けた。

特徴[編集]

あべっこのチャームポイントとしては、「前歯」である。明石家さんま並の歯が出ており、一部のファンの間では、「前歯を全力で殴りたいほどかわいい」「前歯さえ自重すればエロかわいいのに」といった意見が多い。本人もそれを自覚しているようで、握手会では前歯を前面出しており、相手をじっと見つめ必死にアピールしてくれるので、そこがまたかわいいのである。

Baby POP Schoolについて[編集]

ここ最近の活動としては地下アイドル集団「Baby POP School」(略称BPSバトルプログラマーシラセではない) だろう。2006年度のラムズのBIGプロジェクトと称され、周りからも期待をされており、あべっこをリーダーとして頑張ろうとしたところ、根本智佳を始めとした周りのメンバーのやる気のなさから、1年たらずで活動停止まで追い込まれてしまった。しかも、メンバーの村井真里は、千葉ロッテマリーンズのMC(チア・パフォーマー)に合格し、タレントとしての活動をするなど、良いように踏み台にされた感じにあべっこ本人は相当傷ついただろう。

BPSの失敗により、あべっこはラムズのお払い箱とされ、2008年以降は、宮崎羽衣酒井香奈子といったいつもの人たちのプッシュばかりとなっている。あべっこの魅力がわからないラムズの無能連中にいつか天罰が下りますように。

声優としての今後[編集]

前途で説明した通り、声優の仕事は本当になく、現在は「アニぱら」のレポーターと、「アニメ天国」のナレーションだけである。ラムズは給料制であるゆえ、自社製作の仕事与えとけばいいじゃん的な考えと、一定の顧客を集める力があるので、イベント要員としか思われていない。移籍をすればいいが、移籍をするほどの実力がないのは本人もわかっているので、こればかりはどうしようもない。2007年秋~2008年春にかけてのラムズの大量リストラ候補から外されただけでも、一安心といったところだろう。

今後の目標としては、干されない程度に頑張ってくれればどうでもいいや。


Yuichi Nakamura.jpg この項目「阿部玲子」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)