限定ジャンケン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

限定ジャンケン(げんていじゃんけん)とは、賭博黙示録カイジに出てくる希望の船の上で行うカードゲームであり、ギャンブルである。これを行うには生き残るための勇気勝ちへの道が必要である。参加者は参加時にサングラスのヤクザに紹介して脅してもらう必要がある。そのため、参加者はヤクザを挑発するためにBMWや、ベンツを破壊する必要がある。参加者は船に乗る時軍資金を借りることになるが、10分1.5%複利という物凄い暴利もかけられる。ゲーム終了時までにルールに従って生き残れば勝ちであるが、生き残っても借金を背負うこともある。

ルール[編集]

プレーヤーは何とか参加資格を得て100万から1000万の金を借り入れ船に乗り、利根川の厳かな説明を聞く。 この際一切質問してはならない。(知る権利があるから話せとか、中学生みたいなことを言ってると、確実に利根川にキレられる。)その後、12枚のカードと3つの星を持つ。カードにはグー・チョキ・パーの絵柄が描かれており、プレーヤーは会場内で好きな人に話しかけてカードを互いに一枚提示し、そのカードでジャンケンをする。この際使ったカードはボックスに回収され、あいこでなかった場合、勝ったほうが相手の星をもらい、あいこだった場合は星の移動はなしでカードの回収のみ行われる。ゲームを行うボックスには黒服が隠れていて使用されたカードをカウントしているというのがもっぱらのウワサである。プレーヤーは制限時間である4時間以内にカードを全て使い切り、星を3つ以上残せば勝ちである。それができなかったものは別室送りにされ、素っ裸にされ、どこかに連れて行かれ、肉体労働させられる。 勝った場合、カードを使い切った時点で窓口であっち系の人にそれまでの利子を含めた金を返し、更に今もっている星を3つを残して1つあたり400万で売る事ができ、ゲームから抜けられる。基本的にジャンケンの部分のみルールに従っていればよく、暴力を使わなければ何人だまそうが勝手である。カイジ船井にあいこ12連発を持ちかけられ、見事にだまされ激怒して船井に殴りかかったが黒服に捕まえられビンタを喰らった。アニメにもそのシーンがあったけど、黒服のビンタフォームが美しいのなんのって…

戦術[編集]

あいこ消費
これを使えば借金を大幅に減らしてゲームを抜けられるが相手に騙される場合もあるので注意である。
フェイク
カードを一枚だけ手に持ち残りを隠す。そして、その一枚をさりげなく周りに見せながら落ち目の人間が引っかかるのを待つ。誰かが自分がそのカードしか持っていないと思って引っかかったらその人と勝負し、カード提示の時瞬時にカードを変える。例えばグーしかないように見せかけてパーで勝とうとしたカモをチョキで返り討ちといった具合である。
カード売却
星が3つなくてカードを使い切ってしまった人に50万から200万くらいでカードを売却する。最初の星やカードを1時間ぐらい最初のままで置いておき、あとで12枚全部売りつければ簡単に金を持って出られるのに欲を張っているのか思いつかないのか、いずれにせよ馬鹿が多い。やはりここに来るのは人間のクズだけだからだろうか。
情報公開
上の方法で儲けた後、更に誰にどんなカードを売ったかという情報を一口100万ほどで売り、更に儲ける。鬼畜だが
カード買占め
全体のカードが少なくなってきたとき、より少ないカードを買占めることであまった2種類が消化し合い、結局どれか1種類がほぼなくなったところを買占めたカードで迎え撃つ戦法。たとえばグーを買占めチョキとパーしかないところ、チョキでパーををつぶす。成功率が低い上、リスキーな、頭の良いつもりの馬鹿がする戦法。もちろん成功例は一切ない。
カード破棄
ルールをお読みになればお分かりと思うが、星を三個以上持っている状況で持っているカードを何らかの形で破棄すれば、簡単にこのゲームから抜ける事が出来る。具体的には便所にカードを流すなどの方法が考えられる。しかし、主催者だってそんな姑息な真似を見逃すような馬鹿ではない。カードを不正に破棄した事がバレれば即刻別室送りとなる。従って、この方法も頭が良いつもりの馬鹿だけがやり、その結果地獄を見るだけなのである。

リピーター[編集]

限定ジャンケン2度目以上の経験者、熟練者とだけあって星4つ以上維持出来なければ別室送りになるハンデキャップがある。しかし過酷なノルマが背負わされるがゆえ、慣れてない初心者相手に相子勝負をしようと持ちかけて裏切り騙したり、別室からイカサマ工作する為に素寒貧で初心者に別室に行ってもらい、そこから相手のカードをカンニングしてもらい勝利を上げたりする。(もちろん別室に落ちた初心者は素寒貧のクズだから、助けてはもらえないが、いい人そうに見える場合は顎や鼻が長い人に助けてもらえるかもしれない)

救済措置[編集]

カードを全て使い切ってしまったが星が3つ無い場合、勝者から余った星を買うことにより生き残ることが出来る。しかし勝者は誰がどう苦しもうとまったく気にしていないので売り惜しみをすることが多い。主催者はそれを見て笑っている。 また、別室に落ちても1500万払ってもらえば助けられる。しかし金目的で無い限り。地球のクズどもがそんなことをする由も無く、敗者は地下に強制労働させられる羽目になる。  また別室に落ちて助かる見込みがなくなっても中の現実主義者のおっさんと、ホモセックスすれば、黒服にリンチされるものの、助かる。[1]個性的な物が多いカイジはこの方法で生還した。

脚注[編集]

  1. ^ このときのホモセックスの内容は、なぐる、ける、噛み付く、宝石を盗んで売り飛ばすなど。

関連項目[編集]