除雪

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「除雪」の項目を執筆しています。

除雪(じょせつ)とは、人間を死に追いやる白い悪魔ことをどかしたりとかしてなかったことにすることである。雪かきとも言われる。

概要[編集]

北陸に悪臭を齎す冬将軍

は人間を生命の危機に追いやる危険な物質である。主成分は身近なDHMOであるが、固体であるために積もって道を塞いだり、家を埋めたり、車を滑らせて交通事故を起こしたり、電車の前に立ちはだかって電車を吹き飛ばすといったことがおきる。また福井県などにおける降雪は、冬将軍と呼ばれるダイダラボッチの亜種の精液が凝固したものであると指摘されており、それゆえ、悪臭が酷く、雪が積もったままでは、イカ臭さのあまりメシも美味く食えない。これらの問題を解決するのに最も簡単な解決方法は、雪をどかすことである。

かつてはわざわざ家の二階にも玄関を作ったりソリを使ったりして雪の脅威を受け流すことが多かったが、頭が硬いために受け流すことができない自動車鉄道では雪自体をどかすのが一般的である。除雪は近年では欠かせなくなっているが、何事にお金がかかるのは除雪も例外ではなく、自治体の財布が寒くなる原因となっている。

道路の除雪方法[編集]

一口に除雪といっても様々な方法がある。家の屋根とか玄関の前とかの雪をどかす分には休日に家でを飲んでいる親父等を駆使すればよいが、道路等広い場所を除雪するには明らかに力不足である。そこで人よりも働き者の方々が除雪に励んでいる。

道路向け除雪車の雇用[編集]

道路に積もって自動車を止めたりひっくり返したりする雪をどかすべく、様々な除雪車を雇うことが多い。トラックにスノープロウを取り付けて路肩にどけるだけのチャチな簡単便利なものから、雪を吸い込んで吹き飛ばす豪快なものまで多種多様である。彼らはガソリンを食べると喜んで元気に除雪作業に励んでくれるのでガソリンが欠かせない。ガソリンが無ければただの鉄である。

彼らの近くに好奇心で近付くと、除雪作業に集中して周りが見えていないので、雪が飛んできたり、吸い込まれてミンチにされた上吹き飛ばされることがあるので注意が必要となる。

たいていは地元の土建屋公共事業入札して除雪作業することが多いが、除雪の効率はその土建屋に務めている重機オペレータのおっちゃんのやる気次第である。

水を流したり道路を暖めたりする[編集]

雪をどかすのではなく、溶かして消し去る方法。これならば期待できない親父の力や、大掛かりな機械たちを使わずに雪の脅威から逃れることができる。

まず地下水を道路に撒き散らす方法がある。これは消雪パイプとよばれる方々を使っている。彼らの方法は一見便利だが、彼らは地下水を大量に必要とするため、使いすぎた結果地盤やせ細り、地面が凹むことがある。さらに水を流したときに気温が零度以下だと水が凍って路面凍結→大事故\(^o^)/という本末転倒なことがおきてしまう。

一方、道路を暖める方法もある。彼らはロードヒーティングと呼ばれている。しかし彼らは熱を作り出すために大量の金がかかることで知られている。さらに暖めるために二酸化炭素を作り出す必要があるため、近年のエコブームが影響して使われることが少なくなっている。更に頑張りすぎて暖めすぎてアスファルトを溶かすこともあるかもしれない。彼らは近年の不況に伴ってリストラされることが多く、雇用問題となっている。

線路の除雪方法[編集]

除雪された線路。電車も安心して爆走できる。

線路に雪が積もれば、そこに電車が乗り上げて動かなくなったり、脱線して大破するので除雪は不可欠である。鉄道では古くから雪国の鉄道を支える雪かき車が活躍していた。キロマキ編成というカオスな列車が良く知られている。

しかし彼らを動かすにはやはり金がかかるし、彼らだけが動いても除雪することはできない。そのため近年は、DD14といった赤ブタを雇ったり、安いお金で働いてくれるモーターカーを雇っている。これによって以前に働いてた除雪車たちは息の根を止めてバラバラにされて廃棄されたり、博物館等で晒し者になっているがこれらの問題は誰も気にしない

除雪しなかった場合[編集]

当然ながら家が雪で埋もれたり、道路が使えなくなったり、電車が動かなくなったりする。といっても、昔は除雪というものをあまりしなかったらしいからしなくてもなんとかなるものと思われる。家の二階に空中玄関を作るのはもちろん、雪が大量に積もったら家でこたつに入ってミカンを食べていればよい。福井県民ならば水ようかんを食べていれば問題無い。

関連項目[編集]

この項目「除雪」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)