陰陽師の変

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
本能寺の変に対抗しているのか?ならば矢部彦麿は悪役にならなければつじつまが合わんな。」
陰陽師の変 について、織田信長

陰陽師の変(おんみょうじ-の-へん)は2007年に安倍晴明が失脚し、矢部彦麿が台頭した事件。これにより、日本国民の意識は「陰陽師といえば安倍晴明」から「陰陽師といえば矢部彦麿」になった。

全国の陰陽師は安倍派から矢部派に乗り換え、安倍家山内一豊のように没落していくことになる。

武闘派陰陽師である結界師は、安部でも矢部でもどっちでもいいので自分たちだけで単独妖怪退治をしていた。

経緯[編集]

2007年初頭「かわずくんの検索生活」で突如矢部彦麿が台頭。ニコ厨らの後ろ盾を得て勢力を拡張し、陰陽師の本家本元である安倍晴明に対し、遂には謀反を起こす。

安倍晴明は博麗神社の巫女に命じて謀反の鎮圧を図るものの、安倍一族の中から政治的権力を掌握していた安倍晋三が月の兎と手を組み叛旗を翻す。更に一族から安倍吉昌安倍成親安倍昌浩が矢部派に乗り換えるなど、更に事態は混迷の度を深めた。加えて矢部も巫女に加えて僧侶を起用したダンス指導を行い、巫女や兎に対抗していく。

最終的に、安倍川餅を好物とする水銀党を率いたウルトラマンガ太郎の支援を得た矢部が完全勝利をおさめたため、さすがの晴明も抵抗することを諦め、陰陽師の頭目の座をおとなしく降りた。

外部リンク[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)