陸上競技

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第14回執筆コンテストに出品されました。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「陸上競技」の項目を執筆しています。

陸上競技(りくじょうきょうぎ)とは、屈強なアスリート達が己の肉体の限界に挑戦するスポーツである。

歴史[編集]

近年は超サイヤ人の競技参加も目立つようになった。

陸上競技の歴史は古代ギリシャにまで遡る。当時はまだ女性の参加は認められておらず、屈強な男たちがフルチンで各競技に臨んでいた。当時の陸上競技は言わば、ヌーディスト達の祭典だったのである。その後、近代になってさすがに裸はまずいだろうという事になって、ユニフォームを着用することになった。陸上競技のユニフォームが他の競技に比べて露出度が高いのは、かつての名残である。

20世紀になると、競技形態も目まぐるしく変容した。スターティングブロックやスパイクシューズ、ドーピング技術など登場し、さらに、陸上競技に適した肉体に遺伝子的に改造された黒人選手の参加によって、競技の記録は著しく伸びた。

種目[編集]

長距離走・競歩[編集]

種目名 内容
マラソン 10km置きにある給水地点で走りながらいかに効率よく水筒を取る事ができるかを競う種目。
10000m走、5000m走 エチオピアとケニアがどれだけ多くのメダルを取る事ができるかを競う種目。
競歩 世界一歩く速度が速い都市・東京で生活するためのスキルを磨く種目。誘導員の誘導ミスに注意しながら正確なコースを歩く技術も要求される。レース中の排便は歩きながら行う。実は全ての選手が走っているが審判員に歩いていると錯覚させる演技力が重要である。50kmを歩き試合時間は3時間以上に及ぶため陸上競技全種目中最も過酷な種目。
駅伝 全員の思いがこもったたすきを繋ぐプレッシャーと戦う種目。年末年始の寒い時期に練習をする忍耐力も試される。なお、試合中に体力の限界を迎えた選手は小鹿に変身する。
クロスカントリー 野山を走り回り野生に帰る種目。

短距離走[編集]

種目名 内容
100m走 いかにフライングすることなく綺麗なスタートが切れるかを競う種目。女子は露出度の高いユニフォームを着用するため、腹筋の美しさを競う種目でもある。
ハードル走 コースに置いてあるハードルを上手にスルーする技術を競う種目。また、仮にそれを倒したとしても、いかにそれをなかったことにして走り続ける事ができるかを競う種目。
リレー いかにバトンを落とさずにスムーズに渡す事ができるかを競う種目。

跳躍競技[編集]

種目名 内容
走り幅跳び 砂浜になるべく跡が残らないようにきれいに着地する技術を競う種目。また、同時に跳躍地点でうまく歩幅を合わせる技術も競う。
棒高跳び 竹の棒を折ることなく、いかにしなやかに曲げる事ができるかを競う種目。
走り高跳び リンボーダンスの亜種。

投てき競技[編集]

種目名 内容
ハンマー投げ 鎖の付いた鉄の棒を持ちながら、いかに目を回すことなく素早く回転できるかを競う種目。また、それを投げた後にいかに大きな雄叫びを上げる事ができるかも競う。
砲丸投げ ガープ中将のまねをして、大砲を素手で遠くまで飛ばす種目。
円盤投げ UFO写真撮影用の円盤を綺麗に飛ばす技術を競う種目。
やり投げ やりを遠くに投げる種目。野球を挫折した投手が行き着く最果ての地。

関連項目[編集]


この項目「陸上競技」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)