陸奥 (戦艦)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「陸奥 (戦艦)」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長門型戦艦」の項目を執筆しています。

陸奥(むつ)は、大日本帝国海軍が保有していた戦艦である。前年に建造された「長門」とともに、「長門型戦艦」として大日本帝国臣民から慕われていた艦といえる。

誤魔化しによる建造[編集]

大日本帝国が「仮想敵国」としていたアメリカ合衆国イギリス鬼畜米英)に対抗するため、「八八艦隊」の一翼として建造された。造られたのは横須賀市である。

しかし米英もこれを見逃すわけが無く、ワシントン会議で「完成していないんだから処分しろ」と主張した。日本はそれをごまかすため、未完成のまま完成していたという相当無茶な主張をし、これを突き通した。戦前の日本の外交術をうかがわせる一こまであった。

活躍せず自爆[編集]

そんな無茶をしてまで完成にこぎつけた「陸奥」であるが、その最期はあまりにもギャグ性が強いものであったため、日本が戦争というコメディにおいてすばらしい適性を持っていたことを示すことになった。「山口県柱島泊地において、1100人あまりの隊員とともに突如自爆」したというものだったからである。

終戦まで沈没せず残った「長門」と比較すると、あまりにも情けない最期にしか見えないが、「大和」や「武蔵」といった大艦巨砲主義という史上最高の「ジョーク」をやった日本海軍のこと、実際には戦争でお疲れのアメリカやイギリスに与えた「ギャグ」であったという解釈が今では主流になっている。

ちなみにこの陸奥と同じ名前をとった日本初の原子力船も見事に事故った。このことから、この名前そのものがギャグの神様に取りつかれている可能性がある。

なお、陸奥の残骸は「核兵器開発前・核実験開始前に製造されたので、放射性物質を本当にまったく100%含んでいない」レア素材として、精密機械用に重用された、正直爆沈した後の方が役に立ったという、上記原子力船と正反対のギャグもある。

関連項目[編集]

軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ この陸奥 (戦艦)は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)