隔駅停車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「隔駅停車」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
「呼んだ?」
隔駅停車 について、東急東横線の急行

隔駅停車(かくえきていしゃ)とは、準急や急行などの列車種別が、一定の条件を満たすと変身する姿である。基本的に特に急がない列車となり、一駅ごとに停車や、三駅連続停車などが特徴である。

元々は東急東横線の急行を指す単語。

概要[編集]

隔駅停車の歴史は古く、1935年に盗急電鉄東横線で生まれたと言われている。当初は「急行」と言う名前で運転され、停車駅も名前にふさわしく、少なかったのだが、沿線住民が図々しく停車駅を増やせと訴えたため、それに恐怖を覚えた盗急が停車駅をこれでもかと言うくらい増やした。しかし盗急は計画性がないため調子に乗って停車駅を増やし過ぎてしまったため、沿線住民から苦情が殺到した。完全なる因果応報である。。そして2000年に急行の停車駅に多摩川駅を追加したときに沿線住民の怒りが頂点に達してしまい盗急に直訴。すると仕方なく 新種別、特急を設定することになり、解決した。しかし、急行は隔駅停車に改名の上、ただの邪魔な列車となり、使い物にならなくなった。

最近は隔駅停車が人気なのか、小田急線KOカンパニーでも設定されている。

代表的な隔駅停車[編集]

意外と速い物から、会社の都合上仕方なく出来たものや三駅しか通過しないものなど、個性豊かである。

東急東横線の急行は概要覧に書いたため割愛。

小田急小田原線
5駅しか通過しないという究極の役立たず種別が2015年まで運転されていた。またの名を「区間準急」。
停車駅は、新宿、代々木上原、下北沢、梅ヶ丘から本厚木・唐木田(多摩線)までの各駅であり、(本厚木以西は運転無し)実に中途半端な準急運転である。
しかし、それには将来の複々線化が関係しており、複々線区間では各停の代わりを務め、それ以外の区間では準急運転するという小田急の苦肉の策によって登場したものである。
各停も追い抜かないし、停車駅の減った各駅停車みたいなものである。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

隔駅停車が生じる原因と対策[編集]

簡単に言うと「主要駅が多すぎる為」。 他社線との乗換駅はもちろん、住宅街、観光地、大学最寄り駅等は急行停車駅になりやすい。 よってそのような駅が多い路線は必然的に隔駅停車になりやすい。 あるいは沿線住民の要望を受けどんどん停車駅を増やしていった結果、二進も三進も行かなくなることも。

隔駅停車をなくすには停車駅を減らすのが一番手っ取り早いが、 一度停車駅に加えたものをもう一度通過駅に戻すことはほぼ不可能(プロ市民の大規模な反発が予想されるので)。 なので停車駅を減らした上位種別を出すのが一般的。

因みに小田急では「化け急(相模大野まで急行、相模大野から各停に種別変更)」なるものが存在する。 京王でも「高幡不動まで急行、高幡不動から各停に種別変更」という列車がある。 新たな列車種別を制定せずに何故列車種別変更という紛らわしい手段を取っているのかは、隔駅停車を作らない為の布石と言われている

東海道線の優等種別である快速アクティーは一見するとわずか4駅しか通過しない隔駅停車に見えるが、実際は東京-横浜間で京浜東北線に、横浜-大船間で横須賀線に対して快速運転を行っているため実際の通過駅は15駅と多く、隔駅停車には当てはまらないといえるだろう。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「隔駅停車」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)