集団ヒステリー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

集団ヒステリー(しゅうだん - )とは、人間社会において不定期に行われる伝統的なお祭りの一種である。洋の東西を問わず開催される。

概要[編集]

このお祭りは古来より行われてきた伝統的なものであり、現在では「伝統的文化の継承」としてしばしば開催される。地域や季節を問わないが、いくつかの前提条件を必要とする。

お祭りは人の精神状態によって起こる特殊なものであり、突発的に発生する。参加者は果てしなく高揚した精神状態となり、それはまさにクラックを決めている状態同様のものであるが、麻薬指定は受けていない。この深いトリップ状態がこのお祭りの最大の特徴であり、近年、違法な麻薬の代替品として仔猫吸引以上に注目を集めている。

一般的なお祭りの傾向[編集]

集団ヒステリーを単純に類型化することは困難であるが、いくつかの傾向が見られる。

  • 深い精神的同調が見られる。つまり、参加者全員が全く同じ考え方に統一され、何も思い悩む必要がなくなるため、ストレス解消には最高の手段であると考えられる。
  • 山羊さんが必要である。なぜ羊でも犬でも猫でも象でもなく山羊さんであるのかはわかっておらず、詳細な研究が待たれる。山羊さんが上質なほど盛り上がる。なお、時に山羊さんを必要としない場合もあるが、これは希な例である。
  • 自分たちは絶対正義であると主張する。まるでどこかの国の誰かさんみたいである。

お祭り発生の前提条件[編集]

このお祭りは地域や時代、時期を問わないが、必ずしもいつでも開催できるわけではなく、一定の条件を整える必要がある。第一に人々が神経質な状態であることである。第二に環境である。これは人々が神経質になった原因に類似もしくは関係する状況だと祭りが起こる可能性は飛躍的に上昇する。

クソうるさいガキンチョが電車の中で大騒ぎした後、そのガキがいなくなったと思ったら、別のガキが騒ぎ始める

上記のような状況の場合、電車の中にいる人々は普段の「紳士的かつ冷静な視点」という社会に押しつけられた仮面を脱ぎ去り、ガキと同調して小学生高学年の女子のグループのごとく騒ぎ立て始める、お祭りが始まる。

お祭りの進行[編集]

まず、お祭りを引き起こしたものを神輿として担ぎ上げる。そして、見苦しいほど熱狂的に、踊り、騒ぎ、叫び、狂ったように感情を爆発させる。この祭りがいつ終わるかは、基本的に彼らしだいである。つまり、彼らが新しいおもちゃに遊び飽きるまで、この祭りは延々と続けられるのだ。

あとは野となれ山となれである。

お祭りの後[編集]

お祭りが終われば、あとは片づけだ。まだ余韻が残っているかもしれないが、もういつもの日常である。さっさと片づけをしよう。いつもの自分に戻ろう。

お祭りでは酒を飲みすぎて酔っ払いすぎたかもしれない。そう、それは良い思い出になるかもしれない。よく言われるとおり、酒の席でのことは追求しないのが大人のマナーというものである。

大丈夫、またそのうち祭りはあるさ。

有名な祭り[編集]