難波駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「難波駅」の項目を執筆しています。

難波駅(なんばえき)は、大阪府大阪市中央区にあるターミナル駅である。

駅の概要[編集]

阿鼻叫喚のミナミに属する難波新地に位置する駅と、由緒正しい難波村の駅、そしてどっちつかずの駅の三つに分類される。キタ梅田にある梅田駅と大阪市(大阪民国)におけるターミナルの地位を争っている存在でもある。なお、天王寺駅と共にミナミの代表地位を争っているのではないかと言う主張も見かけるが、向こうは国鉄JRが主導権を握って開発をした所なので、私鉄主導でそれを行った難波の方が「民都」大阪を象徴する存在だと思われる。

なお、「難波」と正式に名乗っているのは南海電気鉄道のそれだけで、大阪市営地下鉄は民国のゆとり教育の影響を受けたためなのかひらがなで「なんば」と名乗る。近畿日本鉄道は自己主張が激しいので、わざわざ自分が築き上げた王国の通称である「近鉄」をつけて「近鉄難波」としていたが、甲子園への道がつながったのを機に「大阪難波」と改名している。ちなみに、JR西日本は、一度は過ちを犯したが、自ら反省し「JR難波」と名乗っている。

南海電気鉄道[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「難波駅 (南海)」の項目を執筆しています。

どっちつかずの駅。現在も中央区と浪速区に跨っている。9面8線の頭端式ホームは「欧州のターミナル駅」っぽい雰囲気をかもし出している。ホームに降り立つ者は通常は頭端側、つまり難波新地側へ吸い込まれて行くが、真逆に歩を進める猛者も居る。猛者たちは南口、つまり由緒正しい難波村側から西のアキバへ吸い込まれて行く。

欧州のターミナル駅っぽいと言えば10面9線を誇るキタの阪急梅田駅があるが、阪急梅田と違うのは、阪急では京都線以外の各方面から大阪へ来る乗客は強制的に梅田(しかも北の端)へ運ばれてくる構造になっているのに対し、南海では手前に中百舌鳥、天下茶屋や新今宮という地下鉄・JRへの逃げ口を設けていることである。また、百貨店も自分の所では営業せず、別の人に任せてしまっている。

昔は隣接して大阪球場という、あぶさんを始め阪流スターが活躍する施設を有していたのに、それを潰してしまった。

大阪市営地下鉄[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「難波駅 (大阪市営地下鉄)」の項目を執筆しています。

御堂筋線千日前線が難波新地の駅、四つ橋線が由緒正しい難波村の駅。四つ橋線は難波村の本村を意味する「難波元町」の駅名で開業されたが、カネに物を言わせた難波新地側の圧力によって改称させられた。大阪市営地下鉄では、前述したとおり平仮名書きで「なんば」と表記している。一応、正式には「難波」であるとされているが、切符の印字以外は全て平仮名で案内している。

「難波」の字はいずれも常用漢字であり、本来はこれをわざわざ平仮名にする必要は無いはずである。同じような事例として「あびこ」(我孫子)と「なかもず」(中百舌鳥)が存在するが、こちらには読み方が難しく、誤読しやすいためという立派な理由がある。しかし、「難波」については「むずかしなみ」とか「ナンパ」などと誤読することは考えにくいため、何でこう表記しなければならないのか理解に苦しむ所である。

一説には、「浪華」「浪花」「浪速」(いずれも「ナニワ」と読む)と区別するためだというものがある。大阪の古い名であり、現在でも浪速区という地名が存在するほど親しまれている「ナニワ」であるが、これは昔は「難波」と表記していたのである。もしこれと区分するための処置であったとする(浪速区にあると誤解させないため)ならば、市の担当員は由緒正しい難波村を愚弄している。

御堂筋線・千日前線利用者が四つ橋線の乗り換えが不便とか言ってるが、もともと別の駅だから当たり前である。御堂筋線と四つ橋線の乗り継ぎは隣の大国町駅のほうがはるかに便利である。四つ橋線のなんば駅はむしろ後述する同じく由緒正しい難波村の駅であるJR難波駅の方が近い。

近畿日本鉄道・阪神電気鉄道[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大阪難波駅」の項目を執筆しています。

難波新地の駅。大阪難波駅は、近鉄がそれまでの上本町駅という壁を破り、大阪万博のあった1970年にミナミの中心部へ進出したことで誕生した駅である。近鉄としては、難波への進出は創世記からの課題とされていた面もあったといわれており、そのため近鉄名古屋駅同様に偉業達成をアピールするため、かつては「近鉄」を冠していた。

それまでの上本町駅が、南海難波駅や梅田駅、天満橋駅、大阪阿部野橋駅等に匹敵する巨大ターミナル駅であったのに対し、大阪難波駅は地下という制約があったためなのか、あるいは裏話があるためなのか、中間駅スタイルの駅となった。仲間に京成押上駅、東急渋谷駅、京急品川駅名鉄名古屋駅がいる。

さて、裏話があったのは事実である。当駅は本来、阪神電気鉄道との接点として計画された駅だった。しかしその後数十年間、阪神側の事情で計画が停滞したままになっていた。

しかし阪神がJRとの競合に苦しむ中、遂に数十年間ずっと抵抗を続けていた九条地区が妥協するに至ったため、工事が再開された。これが阪神なんば線であり、2009年3月20日に完成した。阪神タイガース教の二大聖地である「甲子園」と「道頓堀」が直結されることになり、更には阪神の守り神であるを奉る信貴山へも阪神地区から向かいやすくなることが期待されている。ただ、ここは、阪神近鉄で領有権争いが行われている線区でもある。阪神桜川駅から、難波に向かう電車の車内では、まだ阪神の路線でありながら「まもなく難波です、本日も近鉄をご利用いただきありがとうございました」、と放送され桜川までは近鉄、という近鉄側の主張が多く報告されている。

大阪難波駅0番線は、数百メートル北側に位置し、他のホームや線路とは防水扉で完全に隔離された構造になっている。現在のところ電留線として使用されているのみであるが、2007年10月以降には団臨が一部入線する予定となっており、本格運用は、直上にある道頓堀の河川改修工事が完了してからとなる。9-10月ごろ不定期に開催が予定される道頓堀水泳大会に用いられる予定とのことだが、詳細は未公開である。近年、道頓堀川の改修工事現場で、川底が開いて下の0番線ホームが見えたと一部の写真週刊誌に報道された。

大阪難波駅になったのは2009年3月20日からで、それまでは近鉄難波駅であった。

西日本旅客鉄道[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR難波駅」の項目を執筆しています。

もともとはどっちつかずの駅(難波新地ではなく道頓堀湊町)だったが、移転により由緒正しい難波村の駅となった。

道頓堀湊町は、道頓堀開削から存在する町と言えば聞えは良いが、実のところ道頓堀の他町とは似ても似つかない貯木場だった。江戸中期には難波入堀川(難波新川)という堀川によって隔離されている。明治中期、大阪鉄道(JR関西本線の前身)がこの場末のような湊町の土地を買占め、隣接する由緒正しい難波村に跨って大阪側のターミナル駅が開業された。ここで大阪鉄道はありがちな罠につい引き込まれる。大阪側のターミナルということで道頓堀をアピールしようとして、場末ということを地方民には伏せた上で「湊町駅」としてしまったのである。このことが後に様々な不運を呼び、ついには国鉄買収により暗黒時代を迎えるに至った。

南海は明治末には電化を行って電車運転を開始するなど、他の関西私鉄と同様に積極拡張策に乗り出すのだが、国鉄のほうは全くの体たらくで、ほとんど明治期のまま放置されたといって過言ではなかった。

電化の完成も大分遅れた他、関西本線自体が昭和中期には近鉄王国の興隆の影で瀕死の状態に陥ってしまった。凋落した湊町のテコ入れを画策した民国政府は、あろうことか由緒正しい難波村の東円手町・西円手町の住居表示を廃し、湊町の住居表示を拡大させるという斜め上のイメージアップ作戦に出た。さらには難波新地の住居表示を難波にするといった印象操作まで行われた(現在も難波新地を正式な難波と誤解した地方民が後を絶たない)。

これにはさすがの国鉄も反省せざるを得ず、JR発足後いち早く呪われた本来の湊町から駅を南方へ500m移転させた。つまり駅を完全に由緒正しい難波村のみに位置させたのである。実に開業から100年の歳月が経過していた。そしてその5年後、由緒正しいにもかかわらず南海と地下鉄の猛反対のためJRを冠することになったものの、ようやく難波駅と改称する運びとなった。

尚、このJR難波にはOCATという「世界中の猫とふれあえる動物園」が存在した。しかし、現実は大阪の危ない公園に屯している猫を拾ってきたに過ぎず、それに紛れて公園近くの検閲により削除まで拾ってきてしまい、看板倒れもいいとこでいつしかカッコウが鳴く野鳥園となってしまった。ところがその猫を回収に来ていたバスは人気を呼び、いっそのことバスターミナルにした所、これが交通の便の良さも相俟って人気を呼び、客足が戻った。人はこのバスターミナルを「ネコバス」と呼んで親しんでいる。

尚、新世界の近くにもバスターミナルはあるが、ここのバスは中に入ることはできるものの、残念ながら動力が付いていないので中に入って楽しむだけである。

南海難波および御堂筋線なんばから遠すぎる(南海難波から徒歩20分程度)うえに「本線」の終着駅としては小さすぎる。

関連項目[編集]