難解

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ウィキペディア無し.png
当サイトとしては、この記事が掲載されるに至った経緯を一つの記念碑的な経験として認識し、本記事を栄誉あるものとして将来に亘り讃えられるようここに記しておく。それはウィキペディアにおける、ある種自意識過剰ともいえるほど厳格な辞典形式(中立性にひたすら時間をつぎ込み、本質を見出そうという思想性を蔑ろにする性質)に固執した(あるいは対外的に体裁を取り繕った)執筆者らが本記事「難解」と同様の項目を設けることについて何らかの理由で避けている(これについて当サイトでは、多くの執筆者らがユーモアの欠如によるものであると断定している)と思われることを考慮すれば、どれほど名誉として高い水準であるか理解されるはずである。それほど優秀な記事を合理的かつ速やかに投稿したという事実はまた、当サイトが発展していくにあたり極めて有益なステータスを得たということに他ならず、当記事の執筆者の名が輝かしいものになることを何ら妨げない。

難解(なんかい)とは、考察対象についてその思考過程を複雑化させる様態一般を指す語である。

概要[編集]

人間はある事物に対して一定の解釈を与えるという思考動作を経てその事物を確認し、次の動作やそのための新たな思考を開始する際の根拠としている。ただし思考対象となる事物に対する先見情報が多量になり、かつそれぞれ相互の関係が単純な共通点で一括できない状態になるに従って、その関係ひとつひとつに対してまず解釈を与え、その解釈に基づいてより大きなカテゴリに対する解釈を与えるという思考過程を経て、最終的に考慮すべき思考対象への解釈を与えなければならない。しかも思考過程の中でさらに先見情報が与えられた場合には、それをその時点までに積み上げてきた個別の解釈のどこに挿入するかという判断の必要性が生じ、同時にそれまで築いたあるカテゴリに対する解釈の変更を迫られる可能性もある。こうした一連の思考活動が複雑化するに従って、必要となる情報検索能力と情報記憶能力は膨大なものとなり、思考を行うための時間が増加するとともに個々の解釈の誤差が結果に与える影響も無視できなくなる。こうして対象に解釈を与えることが困難となり、場合によっては思考を行う個人によって異なる解釈さえも生じるが、その原因を辿ることもまた解釈を与えること以上に困難であるために適わず、結果として解釈を与えること自体が容易ならざるものであると判断されるに至る。これが難解と呼ばれるものである。

歴史[編集]

当該生物種内で高度な思考を実践しうると広範に認知されているヒトであるが、更新世における霊長類の細分化を主とする種の進化過程において前頭葉の発達が目覚しく、凡そ個体寿命の千倍程度に匹敵する数万年前の段階において、その複雑な思考過程を有するというヒト固有の特徴が顕著化するに至った。元来ヒトは、その生物学的行動範囲においてその体長から当然に期待される行動能力に比してそれが有意に劣り、それゆえ自己の生存性を向上させるために物理的な行動能力に替わるなんらかの卓越した能力を獲得する必要に直面していたという強い動機があり、ここに自らが持つ行動様式の多様性と状況を鑑みてそれを選択するという長所をさらに特化させることによってその不利を補おうとする生物学的判断が働き、行動の選択を多様性・確度・時間の三面から向上させるべく脳の能力を飛躍的に向上させたのである。こうした進化過程は単に種の保存という本来の目的を大きく超越した思索活動をも可能たらしめるまでに継続し、これに伴って生態系における存在感を急激に拡大すると同時に、その能力を種の保存以外の活動に充てることとなり、近接する個体間での意思伝達に留まらない複雑な情報伝達の手段としての言語を誕生させた。同時に複雑な機構を内在する機器とその生成法をも獲得したが、ある特定の個体のみでなくその情報を広く共有する利点が次第に認識されるに至り、当時すでに相当広範な活動範囲を誇っており単一個体のみでその情報を確実に伝搬することが困難を極めていた状況もあって、一過性の音声によらない情報伝達の有効な手段として、コミュニティを構成する個体がその意味を共有することで永続的な情報伝達の媒介となる記号を生み出した。

この記号は当初は実際の事物を描写した形に近い絵画的な様態を持っていたが、扱う情報量の増加に伴って個々の情報に対する記号を描画する時間の短縮が望まれ、また記号の種類が爆発的に増加するに従って各個体間で描画される記号の判別が容易ならざるものになった背景を受け、記号はより抽象的かつ簡素な文字に整理された。こうして人間の思考はより簡潔に伝達・記録する手段が確立されたことになるが、本来はある個人のある時点での情報を永続的に伝達・記録するに過ぎなかった文字が、やがて時間や場所が異なる複数の人間の情報をひとつの文字の羅列に積算させることが行われていく。文字として情報を記録した環境が異なるにも関わらず、それぞれの情報の互換性を高め、同時に他の環境にあっても同一の意味を持たせるために、記録される情報にはそれを補う二次的な情報が付加され、高い汎用性を持つとともにその情報は複雑化した。

同時に文字は、それまで自身の周囲の事象に限ってのみ認識していた人間の思考が及ぶ範囲を急速に拡大し、情報の統合・選択・分類が飛躍的に進んだ。こうした変化が文明の発展を促進し、社会的枠組みや機器の構造についてもそれまでに人間が獲得した情報を基に新たな情報を付加してその性質を向上させるという手法を取り続けたために機構が複雑化した。同時に多数の人間が広く情報を交換する中で、時間や地域ごとに人間の共通の感覚が次第に明確化し、これが文化として誕生した。初期段階においては実際に存在する事象に即したものが主流であったが、そうした初期段階の文化をさらに統合・分類する中で、思考が事象から独立して、コミュニティで広く共有される思想、もしくは哲学として整理された。

文字の現出によって興った二つの現象は当然に相互に関連しながら発展し、高い汎用性を持つ人類共通の哲学として体系化された。これは同時に事象から乖離した複雑な情報の総体としての性質を持ち合わせ、本来生物学的に容易に理解しうる事物とは相反した抽象的な情報体系として独歩し始めた。そのため情報が本来持つ伝達の容易さを実現するための前提条件である、実生活に即したという面がなおざりになり、理解しがたい情報の氾濫という逆説的な結果を引き起こし、更には生物学的見地からの人間の優越性という根本的な性質を自ら放棄するかのような情報の敬遠をも生じさせているのである。

弊害[編集]

難解な言葉もしくはそれを表記する文章は、本質的にはある事象に解釈を与える過程での複雑な思考を表現したに過ぎないが、これは情報の共有を容易にするという本来言葉及びそれを有効活用するための文字の意義に相反するものであり、さらに極言すれば人間の優位性を否定していることにもなる。仮にその思考過程が難解であってもそれによって情報が一意性を確保できるならばその意味での利点はあるが、同時に難解な思考は多くの個人を敬遠させ、本来言語という情報伝達手段が持つ広く個人へ情報伝達するという意義を喪失させているという点で弁明の余地は無く、もし同一の解釈をより簡潔な思考過程によって与えることができるならば難解な思考は極力避けられるべきものであろう。

より卑近な弊害としては、難解な学術用語・政治用語を用いた演説が高尚なものであるとの錯覚を起こし、権力者や知識人が自らの能力を誇示する手段として難解な言語が無意味に多様されるという問題がある。彼がその思考過程を理解した上で難解な演説を行っている場合であっても、机上で文字によって長時間を要して構築されたその思考体系を、聴衆には一過性の音声によって瞬時に理解されることが求められ、本来難解な思考過程を得意とする彼以上の理論構築力を聴衆に求めていることになり、演説としてとくに自らの能力誇示としての役割を果たすためには本来適当ではない。仮に彼がその思考過程を理解していない場合にはその演説では飛躍し破綻した理論を述べている可能性が多分にあるが、やはり聴衆はその演説の思考過程を順を追って理解する時間的余裕を持たないために彼の演説内容を検証することができず、しかし聴衆は演説を理解できないことの責を自らの無知に帰して演説の改善を求めることなく賛辞する。もっとも聴衆の側にも帰すべき事情がないわけではないが、彼の演説はこうした聴衆の心理を把握した上で意図して必要以上の評価を要求する悪質なものである場合が多く、本質的には悪徳商法と変わりはない。ただし文字化された場合にはソーカル事件のごとく真の知識人が思考過程の破綻を適切に指摘し、同時に難解な表現を美辞麗句と誤認して無意味に多用した者の、知識人・政治家としての姿勢を厳しく指弾する例も存在する。

関連項目[編集]

精神発達過程においてとかく難解な表現を多用する世代があるが、彼の表現は綿密な理論体系に基づいたものではなく表面的に難解な字句をちりばめたに過ぎず、上記ソーカル事件の例と同一であるばかりかそもそも理論が存在していないことも多い。
Stop crap2.png クソ記事に注意!!
本記事はその記事としての内容及び表現技法が劣悪と判断される程度の完成度を有するとともに、執筆者自身がそれを認識しています。