雪ウサギ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

雪ウサギ(ゆきうさぎ 英:SnowRabbit)とは雪国に生息しているウサギである。巨人のマスコットキャラクター。

雪ウサギ
分類
: 動物界
: 雪動物門
: ホニュウ類
: 雪ウサギ目
亜目 : 雪ウサギ亜科
下目 : 雪ウサギ下目
: ウサギ科
: 雪属
: 雪ウサギ
和名
雪ウサギ

生態[編集]

全身が降ったばかりの新雪でできている小型獣である。足が確認されておらず移動は体を使ったジャンプをし移動している。 多くの種類は白または茶色(土色)で耳が緑、目は赤色をしている。体色は雪の中で身を隠すためと考えられるが緑の耳や赤い目が雪の中でも目立つため進化に失敗したのだろう。
他の獣と比べての特徴としては耳が非常に薄く葉緑体が確認できることや目の成分に毒が含まれているなど厳しい環境である冬を生き延びる能力が突出して高いところである。主な天敵としては日光、太陽光、晴れの日などが上げられる。このような天敵に見つかった場合逃げることができるまず個体はいない。雪ウサギの身が一番危険な時間帯は午前中なので飼い主は冷蔵庫の中など適切な場所で飼うことが必要とされる。

生息時期[編集]

11月下旬ごろから北海道付近で生息が確認され3月ごろにはほぼ完全に行方がわからなくなる。毎年2月ごろには大量の雪ウサギの変死体が発見され大きな話題となる。降雪量とともに生息数が増えることから雪がある環境を好んでいるとされ夏場の個体は発見されていない。

生態[編集]

雪ウサギの図
寿命
長くて1カ月。ほとんどの個体は成体になってから気温の変化などで体の一部が溶けたりし徐々に衰弱していく。
繁殖
かなり寒い天気が続いた日に雪ウサギは子孫を作る。なお雪ウサギは夏に幼体で冬に成体になると考えられる。しかし、前述の通り夏の個体及び、幼体は発見されていない。そのため、海を泳いでより寒冷な地域へ渡っていると考えられている。
体温
常に1℃~-3℃を保っており低温までが正常範囲。-4℃でも正常と判断するべき。体温が上がりすぎる場合は直ちに冷蔵庫に入れなければならない。

利用[編集]

縁起物
目が乾燥する冬でも目が出ていることから「難を転じる」として縁起物になった。
食用
はるか昔からその肉を食べようと世界中の人が捕まえたが雪ウサギが調理中には消えてしまい。その肉を食べた人物は一人もいない。
私の思い通りにならないのは、僧兵とサイコロの目と雪ウサギの身を食べることだ!
雪ウサギ について、後白河法皇

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「雪ウサギ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第38回執筆コンテストに出品されました。