雪素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
雪素(snowium)
一般特性
名称, 記号, 番号 雪素, Sw, 31
分類 非金属
族, 周期 13, 4
密度 0.8 g/cm3
白あるいは半透明
原子特性
原子量 80.5 amu
原子半径 120 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

雪素またはスノウィウム(snowium)は、ネオ原子番号31番のネオ元素ネオ元素記号Sw。主に空から降るに含まれている。

概要[編集]

雪化水素として空から降ってくる原子として有名。近年は人工的に作ることも可能になった。一定温度以下だと形を維持し続け、しかも冷気を逃がしにくいという特徴を持つ。このため、保冷剤住居にもたまに使われるが、一定温度を超えてしまうと、たちまち原子が崩壊して大量のDHMOを放出するので注意が必要である。

結晶[編集]

また、雪素は非金属ながら結晶を作るという特徴がある。これは雪素が形を維持できる温度が偶然にも電気分解を発生させづらく、なおかつ雪素が形を維持しやすいという特徴を持つからである。ただし、結晶も一定温度以下で管理しないと壊れてしまうので注意が必要である。

主な化合物[編集]

  • 雪化水素(H4Sw3)
  • 雪見大福(Ge3Sm2SwMoRhS)
  • クーデレ合金 (HSwTd2)

関連項目[編集]