電子の妖精

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

電子の妖精(でんしのようせい)とは、以下のいずれか。電子妖精とも。

概要[編集]

この極小人種は、主にコンピュータの集積回路から発生する熱と、CPUクーラーが起こす風力に依存し、そしてコンピューター内に溜まったとそれにはえる金糸類(キノコ)や、同じく熱によって埃にわいたダニを採取・狩猟して生活していると考えられている。

この人種は固有の言語と文化を持っていると考えられているが、この体躯の余りの小ささに空気の振幅を使った音声伝達は物理的に不可能で、主に個体間で接触した際に発生する電界の微弱変化を利用したデータ通信で意思の疎通を行っており、このデータ通信は28.86テラボー(Tbps)で、半二重式であるという。

かつて彼らがコンピュータの無かった時代に、どのような生活をしていたのかは明確ではない。ただこの小人種の快適に生活できるコンピュータ環境を構築できたものは、情報処理業界で大変な繁栄を約束されると信じられているが、このご機嫌を損ねると身長が0.001Hydeずつ減ってしまうと伝えられている。

なお、ホシノ・ルリの主要構成物であるとの根の葉もない報告が物理学会を大きく揺るがしたというのは、胡蝶之夢である。

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
電子の妖精が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/架空の人物」へ収録されています。