電子ドラム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「電子ドラムなんて使っても練習にならない」
電子ドラム について、2ちゃんねらー
練習台で十分じゃないかなあ」
電子ドラム について、吹奏楽部顧問
電話帳でも叩いとけ」
電子ドラム について、上級生

電子ドラム(でんしどらむ)とは、劣化版ドラムセットの一種である。

概要[編集]

電子ドラムはたいてい、その静かさを売りに販売されている。確かに生ドラムほどうるさくはないものの、騒音が発生する[1]ことに変わりはないので、夜間に叩くことは決してお勧めできない。叩いた瞬間、下の階の人が怒鳴り込んでくるだろう[不要出典]

電子ドラム不要論[編集]

電子ドラム不要論とは、一部のねらーが提唱している主張であり、それは電子ドラムを生ドラムの練習用として使用した場合、効果がないもしくは余計に下手になるというものである。しかし、生ドラムを設置できる環境もスタジオに通う金もない人にとっては、正直どうでもいい話である。 また、この論を主張している人の半分くらいは、電子ドラムをちゃんとセットできていないのではないか、という噂もある[要出典]

ふにゃふにゃシステム[編集]

防音対策のひとつとして、ふにゃふにゃシステムというものが存在する。それは、

  1. 電子ドラムを購入する
  2. 何の配慮もせず叩く
  3. 下の階の住人から苦情が来る
  4. 防音対策をしてみる
  5. 何度か2~4を繰り返す
  6. 心がふにゃふにゃになり、ドラムを叩かないようになる、もしくは苦情に怯えながらドラムを叩くようになる
  7. 静かになる

というものである。 このシステムは、遮音によって騒音が軽減されるとともに、発生する騒音そのものも軽減されるため、画期的なシステムといえよう。

脚注[編集]

  1. ^ このため、「サイレントドラム」という語は普及せず、代わりに「エレドラ」という語が普及した。

関連項目[編集]