電子手帳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

電子手帳(でんしてちょう)とは、見た目は全く手帳ではないが手帳としての機能を持ち、携帯がまだ普及していなかった頃、サラリーマンなどに人気があった製品のことである。今では、携帯に場所を取られて存在の価値がなくなってしまった。

概要[編集]

昔は、どこでもみかけるほど人気があった。例えばシャープZaurusなどが有名である。しかし値段が高かった事に加え、それほど便利でもカッコ良くもなかった。そのため、携帯が普及したとともに、電子手帳の侵略が終わった。

一般の手帳との比較[編集]

相違点
  • 手帳は表紙が革や布のものが多いが、電子手帳はプラスチックである。そのためや部下にプリクラを貼られる被害が跡を絶たない。
  • 手帳に何かメモする場合、筆記具が必須であるが、電子手帳の場合は電池が必須である。
  • 手帳はどっかの企業が作ったヤツをタダでもらえるが、電子手帳をタダでくれる企業など最初から怪しむべきである。
  • 手帳を誤って踏みつぶしてもさほどの被害はないが、電子手帳の場合それは致命的である。
  • 手帳をどこかに置き忘れても戻ってくる事があるが、電子手帳はその価格ゆえ戻ってくる確率はほとんどゼロである。
共通点
  • そもそもメモした事自体を忘れてしまう程のバカには、どちらも役に立たない。
  • メモする気も無いような人間に手帳を語る資格などない。
  • うっかり家に忘れてくる事の多いサザエさんも同様である。
  • に弱くにも弱い虚弱体質である。

電子手帳の侵略[編集]

電子手帳が普及していくと共に、電車などの交通機関で猫背で姿勢を悪くして使っている人がほとんどだったため、目を悪くした人や、姿勢を元に戻せなかった人もいた。そのため今でも日本中の人々が、目を悪くしていたり、背筋がまっすぐじゃなかったりしている。いわば、メディア中毒である。また操作方法がわからず、電車の中でオセロをするだけのサラリーマンは景気の減速と共にリストラされた。現在は形を変えて携帯というもので、いまでも受け継がれている。

今の電子手帳[編集]

シャープZaurusなどが今でも残っている。Zaurusの中でも、MI-E1MI-E21MI-E25SL-C3200SL-C3100SL-C3000SL-C1000SL-C860SL-C760SL-C750SL-C700SL-B500などと様々である。
まあ赤リンクだらけだが、今後も改善されないだろう。だが、あえて放置で。

気をつけるべきこと[編集]

ザウルスというからには、恐竜を想像してしまう人がいるかもしれないが、それは、間違っている。まあ、それだけ気をつければいいことだが。
あ、船橋にあった屋内スキー場。あれザウスだから。念のため。

関連リンク[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電子手帳」の項目を執筆しています。