震度8

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

震度8(しんどはち)とは、地震大国と呼ばれている日本に住んでいるくせに、震度階級の最大値すら知らない無知の民が時々発する架空の単語であり、未知の言葉でもある。 また、これは震度9~震度10~でも同じである。

概要[編集]

日本には、気象庁の定めた震度階級というものが存在する。

気象庁の震度階級は「震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」「震度5弱」「震度5強」「震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級となっています。

-/ 気象庁-震度について

つまり、震度階級は10段階までであり、それ以上もそれ以下もないことにされているが....

もし震度8レベルの地震があったら[編集]

日本の震度階級

では、もし仮に震源地が震度8の地震が来たらどうなるだろう。耐久性のある建物でも、建物内では超強力接着剤やガムテープなどでがっちり固定されていない家具は部屋の中をバタンガタンとなり、食器棚の皿や本棚の本はドドドドとなるかもしれない。耐久性が低い家は、グラグラ....バッターン!!といく可能性もある。震源地が震度8の地震が発生した場合、その震源地周辺は震度7であるので広範囲にわたって被害が及び、救助隊の到着や、物資の調達はぐっだぐだぁ〜になって被災者の生活は今までかつてない厳しさになるだろう。避難所はギッシギシのギュウギュウになり、被災地はもうどうしようもない状態に陥る。 また、Twitter2ちゃんねる、さらにはテレビ番組などがホワァァァァァ!!!な状態になることが予想される。「震度を10までだと思っていた」なんてことはもう言えない。

結論[編集]

震度8の地震が発生した時の被害は予想不可能である。

関連項目[編集]

この項目「震度8」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)