霊柩車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

霊柩車れいきゅうしゃ)とは、自動車におけるカスタムの一種である。

日本における代表的な霊柩車

概要[編集]

霊柩車はステーションワゴンやピックアップトラックをベースとなり、4シーターを2シーター化した上で上ロングホイールベースで広げた車体に貨物室を大型させて、貨物室内にレールを敷いている。

車体のボディカラーは黒が基本であるが、病院乗入れを行うため近年は白の車輌が主力で、中には赤の車両もあるという。もっとも、ナンバーが緑ナンバーなのですぐわかる。 車体自体はスタンダードな形で完成しても完全なカスタムにならず、貨物室内に長いハコを入れる事で、フルカスタマイズの状態である。

日本では独特のカスタムが主流であったが、最近では洋風カスタムの流れが強くなって来ている。

各国のカスタム事情[編集]

北米では、ロングタイプのステーションワゴンが主流であるが、欧州やオーストラリアではガラス仕様の貨物室を持つ物が多い。

その中でも、特に日本の和風カスタムは各国の仕様よりも度肝を抜く仕様であり、世界中からオファーがあるという。

主に使用される車種[編集]

注:ここでは日本国内のカスタム事情を記載する

  • トヨタ自動車
センチュリー
セルシオ
クラウン(エステート、バンも含む)
マークIIブリット
ハイラックス
ハイエース
コースター
ランドクルーザー
  • 日産自動車
プレジデント
シーマ
セドリック
グロリア
キャラバン
サファリ

伝説・迷信など[編集]

  • このカスタムカーが目の前を通ったら親指を隠す。
  • 陸運局では継続車検が一発で合格するとの噂。
  • この車の整備には、気合いを入れて整備するという。
  • 廃車になった霊柩車の宮の部分を外して「クラウン・ピックアップ」などと称して売っている輩もいる。

関連記事[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「霊柩車」の項目を執筆しています。