青森空港

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「青森空港」の項目を執筆しています。

青森空港(あおもりくうこう)とは、青森県青森市(合併した旧浪岡町)にある空港である。

新空港開港まで[編集]

青森県の主要空港にも関わらず、滑走路は短いし雨が降っても欠航、雪が降っても欠航、霧が出ても欠航、何も結構でない。北九州空港と並びエクストリーム欠航を得意とする。故に、長年三沢空港八戸空港の存在を許してきた。それどころか、鉄道路線の発達をも許してしまった。おかげで、県民からは某ローカルタレントの吹き込みもあって”最悪の空港”と昔から呼ばれている。決して、現在はそこまで結構でないことはないのだが・・・。

新空港開港以降[編集]

主要空港としての威厳を復権させるべく、三沢空港同様ジェット機が就航できるようにと新空港を作ることになった。 ところが、新空港と言いながら出来た場所は旧空港の向かい側で滑走路こそは伸びたものの欠航は解消されず相変わらず結構でなかった。それでも、見栄を張って国際線を就航させたり、国内線をダブルトラッキングさせた。ところが、あまりの欠航率故に県民の信頼を得られず数年で国内線ダブルトラッキングは解消された。近年、着陸装置の運用を開始し欠航率の激減に成功させたが時々機長が未経験の為に出発地に引き返すというトラブルもありまたまた結構でない。現在は、一応ダブルトラッキングに戻ったが大手2社ではない。

乗り入れ航空会社[編集]

かつて乗り入れていた航空会社[編集]

関連項目[編集]