面接で不採用になる趣味一覧

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

面接で不採用になる趣味一覧とは、2008年末から2009年にかけて起きた不景気並びに就職難を乗り越えるための知恵として考案された、面接秘伝帳である。そもそも面接とは、ある組織が人員を採用する際に、自分たちにとって有益であるかを見定める手段であり、書類審査では絶対に見抜けない箇所も多々あるため、最も重要なファクトである。

概要[編集]

イメージを考慮する
趣味にはイメージがつき物である。麻雀などはその筆頭格であり、純粋な麻雀の探求者にとっては囲碁や将棋にも劣らないものである。しかし、一般的に麻雀=ヤクザといったイメージである。なお、エクストリーム・麻雀はその限りではない。時代にあったイメージを考慮するに当たり、およそ潜在的に警察がかかわるイメージが危険である。自動車メーカーなどでの面接において、「F1のチューンを研究するのが趣味です」と答えるのは非常に良い回答であるが、「高速をぶっ飛ばす、かっこいい飾りのついたトラックや渋い文字装飾が施されたトラックにあこがれます」などと言うのは即座に不採用へとつながる。バイクいじりも同様に、「暴走族⇔ヤクザ」→警察、という変換が潜在意識で行われるので好ましくない。
知性と技術を追求する
趣味といっても多種多様で、「お祭りの射的が好きで毎年景品をたくさんせしめている」と回答しても、何の価値もないと一蹴されるが、「お祭りの射的がうっかり高じてデジタルですけど射撃の大会に出場したりします」などと答えればいきなり技術の探求者として認められる。
体力を追求する
マラソンやスポーツの類はクラブチームが有名であればその技量で入社、及び、入学が可能な場合がある。そういう意味合いでは、社会人野球や、社会人ラグビーなどで有名な企業に、その得意スポーツを持ちかけるというのは大いに有効な手段である。

模範的な趣味の一覧[編集]

危険と背中合わせの趣味の一覧[編集]

しっかりとした技術と経験があれば職業として成り立つが、有名人に薬物中毒者や、特異な性格、趣味を持った偉人が多いもの、あるいはその愛好家の間で流行っているサブカルチャーがイメージの項で説明したような悪いイメージであった場合、崇高な趣味でありながら採用、入学に大きく弊害になる場合がある。

絶対に書いてはいけない趣味一覧[編集]

文化にはカーストがある。反差別主義を奉じる面接官が差別と思わずに差別する最も悪質な序列が社会には存在する。以下の趣味を面接会場で列挙すれば、貴方は高確率で差別を受けることができるだろう。例え彼らが建前上、「それは世界に通用する文化」と唱えていたとしても。


とあるアニメによると「オラの趣味は、読書とスポーツだ」そうである。 なお、面接は別名「うそつき大会(てえけえ)」とも言う。

関連項目[編集]