韓流時代劇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
「同じ妄想なら、こんな世界の中に生きたかった」
韓流時代劇 について、ホ・ギュン

韓流時代劇(はんりゅうじだいげき)とは、ウリナラの誇り高く素晴らしき歴史を世界に伝えるための宣伝資料である。日本の大河ドラマを上回るその壮大なる斜め上想像力は、世界中の民族美化主義者から大きな意義を認められている。

概要[編集]

韓流時代劇とは韓国のテレビ局が制作する時代劇らしきもののことである。正式には「史劇」ともいう。歴史的に賤民扱いだった芸能人たちが、自分たちを蔑視して止まなかった中国王朝の家臣である国王殿下(チョーナー)や儒学売国主義の理想を体現する両班に扮して様式の定まった演劇を繰り広げる代物である。

その内容は実際の歴史を自分たちのファンタジー・願望・妄想に合わせて都合よく粉飾・捏造・美化しまくったものが大半である。しかし、登場人物が黒髪であることと、朝鮮史の世界的知名度の低さが相まって「時代劇はフィクション」であるにもかかわらず、時代劇の内容が真実だと思う者が韓国国民はもとより隣国の国民内でも大量に続出している。にもかかわらず万年朝貢国という史実が白日にさらされた場合、誇り高く素晴らしき歴史騙る語る韓国人は「所詮時代劇はフィクションだよ」と開き直るであろう。  

世界への道[編集]

韓流時代劇は本来、ウリナラしか知らないであろう歴史人物が繰り広げる独り舞台に過ぎなかったが、1998年「龍の涙」という作品で「儒学を名乗る朝鮮王朝はこんなに血なまぐさい王朝でした。3代王李芳遠はこんなに残虐な王様でした」とやったところ、よく史実を暴いてくれたと国民の拍手喝采を浴び、発展の芽がまかれた。

しかし、その朝鮮王朝はまだ「男女分離の儒学幻想郷」から十分脱しきれていなかった。その翌年本格的に台頭したのがイ・ビョンフン監督である。彼は「ホ・ギュン」により、朝鮮王朝の風俗を一般人の疑問を抱かせない範囲で大好きなオンラインゲームのように明るく改変する表現様式を創り上げ、99%空想の産物である「チャングム」においてその成果を結実させた。韓流時代劇の中心たる朝鮮王朝の歴史は、名前しか記載されていない1女性によって世界への道を切り開いたのである。

「チャングム」に対しては「あまりに歴史を歪曲している」という非難も沸き起こった。しかし、テレビ局の制作者はこの声に対して更に斜め上を行くことを決定し、「朱蒙」などを通して従来史料不足から題材になってこなかった古代朝鮮の歴史も思い切り美化・粉飾した。すると、歴史学者たちは諦めて批判をしなくなった。

この粉飾史観は海外へも輸出された。日本人の日韓友好論者も「前近代の歴史なんて日本で受けるわけない」と思っていたので、粉飾成分が99%である事実を指摘できる人間はほとんどいなかった。

にもかかわらず韓流時代劇批判を行っている歴史通皆さんは、内心では

俺たちもあんな風に俺たちの歴史を思う存分美化しまくりた~い!!!

と激しい嫉妬とコンプレックスと遺恨を募らせながら、今日も突っ込みどころを求めて韓流時代劇に日夜目を光らせ続けている。

主な表現[編集]

実のところ、多くは中華王朝伝来の技である。しかし、今のところは韓国起源という風に世界人民から見なされ、密かに冷笑されている。そもそも朝鮮王朝自体が中華王朝の劣化コピーのようなものなので、結果的には大して違わないが。

殿下と陛下
朝鮮王朝のものは殿下とやるが、高句麗高麗の場合は陛下とやり、殿下扱いする中国の使者を斬ろうとする。つまり、朝鮮王朝の王様は独立国の君主ではなく、中国の属国だったことを検閲により削除。なぜか日本語訳されるときは「殿下」は王様となる。
なりません、殿下(陛下)
王様が何かをしようとすると、両班たちが王宮の前に座り込んで儒学帝国主義的に大声を上げて反対し、大抵失敗に終わる。軍人が登場するものもある。
どうか私を殺して(罰して)下さい
家臣たちの必殺技。これで実際に死ぬ家臣は滅多にいない。たまに死罪判決が出た場合は、口をあんぐり開けて「えっ」という表情をする。
洞燭して下さい
お察し下さい。ほとんどの場合、そう諫言された目上の者が耳を傾けるかどうかはお察し下さい
子供への足叩き
悪いことを仕出かした子供のふくらはぎを細い棒などでペシペシ鞭打ちするのが伝統的な叱り方。この場面こそ真の視聴世代を象徴している。
拷問椅子でぐぐぐぐ~
朝鮮王朝が決して人道的な幻想郷ではなかったという事実を奴婢たちが棒やその他をもって示す。このシーンがあるものはまだ市庁舎などに対する誠実さや良心が残っていると言えなくもない。
秘密が丸見え
王室の警備はザルである。塀の前から誰でも悪事の模様をじっくり観察することができる。門兵はその姿を見ていても、主人公特権の前に誰も手を出せない。
その他
挙げてればキリがない。


su-pa-sentai-stub 殿下、この「韓流時代劇」は風流不足にございます!
愚かな臣たちが何も推敲せぬのなら 
どうかこの記事を罰して下さい! (Portal:スタブ)

時代ごとの特徴[編集]

三国時代、高麗[編集]

朝鮮王朝の儒学帝国主義は、ドラマにも反映されるほど重苦しくも陰惨なので、三国時代と高麗はできる限り儒学色を薄めて行われる傾向がある。女剣士という存在がやたらたくさん登場する。「三国史記」?その儒学の軛から自由になりたいんですが何か?

王者たる主人公は鍛冶屋だのサーカス宿だの、塩商人だの、敵国のスパイ機関だの、タクラマカン砂漠だの、山賊の棟梁だの、暴君の子孫だの……のように、必ず幼い時に権力闘争で王宮を追い出されていなければならないという暗黙の掟が存在する。

三国時代のものは「史劇」と銘打たれていても基本的に脚本家の考えた妄想であり、ファンタジーである。史実上の王宮の豪華さは、映像セットの中の3分の1程度とみられている。「三国遺事」という民族の基本資料はファンタジー仕立てじゃないかって?何それ、美味しいの?

こちら側で主になるのは、仲間同士の内輪揉めや国同士の戦争である。敵将はこれが戦争でなくスポーツであることをよく把握しているので、主人公側の軍勢が去って3秒後に主人公の陣地に登場し、「○○はどこだああああ!」と大声で叫んで場を和ませる。いや、視界内にいるだろ、どう見ても。

朝鮮王朝[編集]

両班のおっさんや爺さんたちが繰り広げる堅苦しい儒学の儀式や長ったらしい説教ばかりやっていると誰も視聴しないので、実際の姿よりは50倍ぐらい活発なのだろう王妃さまや女官たちの言い争いや、些細な問題を巡って「党争」なる内輪もめに明け暮れる両班たちの陰謀、視聴者の前でより過酷になる拷問の場面などで画面を満たす。

朝鮮王朝実録」という記憶遺産があるだけに、国王殿下も脚本家の妄想で王宮を追い出されて苦労させられたりはしない。ただ、例えば絵描きの女性とある王様が幼い頃交友するとかいうのは妄想である。王族や士大夫や富豪ならともかく庶民の服装が色彩豊かなのは史実と異なるようだが、これには江戸時代の時代劇も同じじゃないかという反論も寄せられている。

これらのドラマでは、「朝鮮王朝がどれだけ中国や日本に対して主体的だったか」ということが説かれる。明国や清国や日本に対していかに儒学精神を見せつけ、武装蜂起までも計画していたことなどを語るのだ。これに対して同時代の皇帝陛下などは膺懲することはなかった訳だが、実際には朝鮮王朝が「奴らは弱い。兵士がもったいない」と無視される程度の勢力に過ぎなかったからである。事実、彼らは禧嬪張氏閔妃などの性悪女を排斥するため、宗主国に討伐を求める陳情ないし協力を依頼することを余儀なくされるほどの依存状態だったという。

フュージョン史劇[編集]

しかし、上の普通とされるものだけでは芸能人たちの身分回復欲望を満たせなくなったので、彼らは遂に朝鮮王朝内でも現代のマンファ創造力を用いて「フュージョン史劇」なるものを編み出した。

その中では、朝鮮時代にサングラスをした盗賊が出現したり、戦闘美少女化した剣刑事タモが活躍したり、嫁入り前の姫様が探偵ごっこしたり、儒学の殿堂で女が逆ハーレムしたりと、日本に蔓延している歴女どもが幕末人物バージョンで見てみたいだろう妄想が見本市レベルに炸裂しまくる。

ただ、フュージョン支部代表の必殺仕事人チルは、「三国時代の方がよりフュージョンだ。現実に起きたように見える点だけ」と回答している。

旧宗主国での反響[編集]

日本においては大多数の国民、特に感性が豊か女性たちの間で韓流時代劇が大好評を博しているのみならず、今や必須教養レベルの定番コンテンツとなっている現実を受けて、これまで自称良識派知識人さえほとんど注目してこなかった前近代の朝鮮史が注目され、関連書籍が多く出版されるようになった。この時代劇の影響下にある本では関連する時代劇の主演の姿があたかも史実であるかのように掲載されているものもある。

これらの書籍では申し訳程度に時代劇のフィクション性にも触れられているが、大半の読者は肖像画の残されていない朝鮮史の偉人の像を俳優の顔そのままで受け取ったものと思われる。これは戦国BASARAなどのフィクション作品の人物の顔を史実だと認識する愚行その物であるにもかかわらず、多くの日本国民が歴史的事実として認識している。勝てば官軍である。

また本家の大河ドラマにおいても近年は「天地人」「江〜姫たちの戦国〜」「平清盛」「八重の桜」「花燃ゆ」などに代表される韓流時代劇、ことにフュージョン史劇をリスペクトした作品が多く作られている。決してセットや衣装や演出や戦争シーンやロケシーンなどを手抜きして浮いた金で手本となる韓流時代劇の購入資金を賄っているわけではない。

勝てば官軍である。大事なことなので2回言いました。)



嗚呼!偉大なる韓流無双、マンセー!!!



su-pa-sentai-stub 殿下、この「韓流時代劇」は風流不足にございます!
愚かな臣たちが何も推敲せぬのなら 
どうかこの記事を罰して下さい! (Portal:スタブ)


なお、もう1つの旧宗主国である中国においては上記に挙げた韓流時代劇のリスペクトの影響により、当面の間「中国四大奇書(この場合「三国志」「水滸伝」「西遊記」「紅楼夢」の4作品)」の新規ドラマ作成を自粛するよう通達が出されたとか何とかいう弊害も出ている。

関連項目[編集]