音素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
音素(Phonium)
一般特性
名称, 記号, 番号 音素, Ph, 11
分類 非金属
族, 周期 1, 3
密度 0.004 g/cm3
無色
原子特性
原子量 18 amu
原子半径 不明 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

音素(おんそ,英:Phonium)は、原子番号11番のネオ元素。ネオ元素記号Phフォニムフォニウム、もしくはムジカリウム (musicalium) とも呼ばれる。しばしばフォノン(音子)と混同されるが、フォノンはネオ素粒子であり全く異なるものである。

概要[編集]

ネオ元素のひとつである。語源はラテン語で「音(Phoni)もの(um)」。ネオ元素については、ネオ元素周期表を参照。

音を媒介する元素であり、真空中でなければ何処にでも存在する。真空では音が伝わらないといわれるのはこのためである。

なお、ネオ地球外ではあるがオールドラントにおいてはマジカリウムが存在せず、魔法使い達は代用品として音素を利用している。

音の伝達[編集]

鐘を叩く、音叉を鳴らすなどしてみれば一目瞭然だが、音が出るということはすなわち振動しているということである。あらゆるところに存在する音素分子は、振動を感知すると自身もまた同じ強さで振動しだす。これを超振動と呼ぶ。この超振動を感知したほかの音素分子に超振動が伝達し、音が伝わる。

一般的に、音素分子の密度が高いほど超振動の伝達速度(音速)は大きくなる。1気圧の大気中での音速は350m/s(=マッハ1)程度であると言われている。

同素体[編集]

音素には天然の同素体が7種あり、異なった性質を示す。

無定形音素
別名第一音素。常温常圧で固体。音素原子が規則性なく乱雑に結合したもので、不純物として闇素やその化合物を多く含む。音素の同素体の中で最も安定である。
直鎖状音素
別名第二音素。常温常圧で固体。音素原子が鎖のように長く結合したもので、ゴム状、あるいはプラスチック状をしている。土素と反応しやすく、しばしば鎖状構造のなかに土素を含む。
Ph8音素
常温常圧で固体。音素原子が8つが環状に結合したもので、結晶構造の違う三種がある。斜方晶の第三音素、単斜晶の第四音素、針状晶の第五音素である。それぞれ環状構造の中央に空素水素燃素を含むことが多い。
Ph2音素
別名第六音素。常温常圧で気体。空気中に含まれる音素は主にこれである。光素との反応性が高い。
単原子音素
別名第七音素。常温常圧で気体。第六音素が地殻からの放射線を受けてイオン化し、空気中の他の物質から還元されて生じる。反応性が高く、自然界に存在する量はかなり少ない。そのため、もともと自然界には存在しないと考えられていた。

主な化合物[編集]

音化ハイディウム(Hy2Ph3
導電性がよく、直流の電流を流すと1秒間に156回振動する。また、耐熱性等にも優れ、精密機械の部品などに使用されている。
音符(LnPh4)
nの数が大きいと短くなる。


この項目「音素」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)