食物兵器

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

食物兵器(しょくもつへいき)とは極めて安価に入手できる食物を原材料とした殺傷兵器であり、代表的な物にこんにゃくゼリープレッツェルなどがある。食品兵器生物兵器と混同されることもあるが全く別物である。

概要[編集]

生物兵器や化学兵器等と比べて、原材料が非常に安価(プレッツェルの原材料である小麦粉なら1kg100円前後)、極めて容易に大量製造が可能(技術者を拉致する必要やスパイを潜り込ませる必要も無い)、保存が簡単(特に餅やプレッツェルは非常用備蓄食品という名目で堂々と保存できる)、廃棄しても無害(素材が天然由来成分であり土に還るので地球に優しい)といった多数の利点があり、近年では規制の厳しくなった生物兵器に替わるものとしてテロリストに使用されることが危惧されている。

使用方法も極めて単純であり対象人物にこの兵器を食べさせるだけでよい。対象人物がこの兵器を食べることに不慣れであればなお効果が高まる。対象人物に疑われたとしても原材料を説明すれば、まず兵器として認識しないので嬉々として食べてしまうだろう。上手くいけば一分から三分程度で対象人物は死亡(多くの場合死因は窒息死であるため、犯人特定は困難である)すると報告されている。しかし、極めて成功率が低いのもまた事実である。

このように極めて危険な兵器であるにもかかわらず研究開発製造等を規制する国際条約が一切存在しない。混迷する世界情勢を安定化させるため、一刻も早い規制が求められるだろう。

具体例[編集]

食物兵器の威力を示す客観的データの一例

伝統的な食物兵器であり、極めて強い粘性で対象人物を殺傷する。対高齢者用として主に冬季に使用されることが多い。使用前は固形であり、持ち運びや保管も極めて簡単である。

こんにゃくゼリー

日本の最先端技術の結晶。極めて強い弾力性を持つ。対児童用として使用されることが多い。使用法等は同名の記事に詳細に書かれているのですぐ実践することも出来る。

プレッツェル

日本においては「プリッツ」というブランド名が浸透しているため正式名称の知名度は低いが、欧米ではアメリカ合衆国第43代大統領暗殺未遂事件にも用いられたことから分かるように広く使用されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「食物兵器」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
この項目「食物兵器」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)