食育

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「食育」の項目を執筆しています。

食育(しょくいく)とは、食べ物で躾けること、もしくは食べて覚えることである。

概要[編集]

食育とは文字通り食べて育むことであり、人間食べれば育つ、そういうことである。

しかしそれでは飽きたらず、を食べれば仙人になれるやら、だけ食えば体が神聖化するやら、不死鳥の肉を食べれば不老不死になるやら、食事には力があると思いたがる人々によって、食事には人間を教育し神聖化させる力があると考えられてきた。そのために食事ですら勉強させようという日本の勤勉家精神、ここに極まりという感のある食育の教科科目が出来上がった。

食育の内容は各学校により異なるが、その基本原理は食べ物で躾をすること、もしくは食べて覚えることに集約される。つまり犬猫を躾けるように食べ物を使って教育したとき、その教育効率は著しいといった考えである。

しつけ[編集]

食育の基本は食事によるしつけである。料理の食べ方やの持ち方まで、その教育内容はフランスのフルコースマナーにも匹敵するが、完全に習得してる人はまれである。ここでは一般的に知られている主な物を記す。

合掌
食事を目の前にしても、親や教師による許可が出るまで食事にありつけないと言う躾である。更に、合掌しないと食事を終われないという躾も存在する。犬の「待て」と同様に、主従関係を明確化する目的がある。
残飯ゼロ
出した食事は、苦しもうがアレルギーであろうが残さず食べさせることで、食べ物は自分よりも優先されるべき尊い存在であり、それを提供する親や大人達は偉大な存在であることを印象づける目的がある。
何か成功した暁には美味しい物を与えるということで、成功への意欲を与える目的でなされる、いわゆる飴と鞭である。特に犬の教育においては絶大な効果を発揮しているが、人間においても有効であり、小学校では成績優秀者に飴を配るなどの行為が日常的に行われている。
バランスの良い食事
食事においても素材をバランス良く選択させることで、幼少の頃から周囲へのバランス感覚を養う目的でなされる。好きな物だけ食べている人は周囲と上手くバランスがとれず孤立状態に落ち込むと言われている。

教育[編集]

食育には躾だけでなく知識を与える目的でなされる物もある。

国際料理・風土料理
他の国がどんなものを食べているのか、この土地の伝統的な食事とは何かを実際に食べることで記憶する目的でなされる。その結果として、現代の日本の食事がどれほど素晴らしいかを思い知らせると言う副次的な効果も狙っている。
暗記食
なにがしかに憶えたい単語や文章、公式などを書き込み食べるという方法である。これによって暗記できると信じられており、古典中国の詩人から、21世紀につくられたネコ型ロボットまで、この手法による暗記を実践している。また米一つ一つに写経するといった姿も何度か報告されている。

関連項目[編集]