食 (病気)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、病名としての「食」について記述しているばい! 食に関連した病気全般についての説明につ・い・て・は「病気 (食)」をCHECK IT OUT!! はい!!!
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「食 (病気)」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

(しょく)とは、人類を含めた殆どの動物が発症している病気の一種である。

「食」の症状[編集]

食という病気から見事に完治した、数少ない人物の一人。

食の主な症状としては、次のようなものが挙げられる。

  • ものを飲食するという行為をしてしまう。
  • 上記の食の症状を押さえつけると空腹に見舞われる。
  • それでも我慢すると体重が極力減少し、栄養失調に見舞われる。
  • 特にT-ウィルス感染者は食べる欲求が激しくなり、自我が崩壊する。
  • 虫歯になりやすくなる。
  • 逆に食べすぎると肥満になり、高血圧、高脂血症、動脈硬化などの二次症状が出てくる。
  • 食べたものを吐き出して満腹感を得られたとしても、それを繰り返すと拒食症になってしまう。

これらの項目が当てはまる方は、食の中でも深刻な病である食中毒である可能性が高い。そして食以外の症状が出ないような食事制限をするのも難しいとされている。また、

  • 毎日水分を2L以上摂らなければならない。
  • 水分を取ったら頭痛などの身体異常があらわれる。

といった症状もある方は、同時に水中毒といった病気も併発しているかもしれないので、今すぐ医師による診断をしなければならない。

「食」による被害その他[編集]

食という病に侵されている人々が多い今日、輸出大国であるアメリカ合衆国では赤字の原因となっており、食のために焼き畑農業などをして地球温暖化の原因を作り出したり、また1990年代前半の日本では冷夏による不足で食中毒の日本人がタイ米を食べる一方、米輸入による諸問題も生じた。食中毒者の被害においては、特にギャル曽根キノなどの人物によるものが甚大であり、前者では「大食いバトル」というあるまじき競争で賞金を獲得・総なめしては大食いバトル開催者を泣かせ、後者では料理店で行われる「大食いチャレンジ」というあるまじきイベントで賞金を獲得・総なめしては店主を泣かせている。

また、日食・月食も食という病気の一種に区分されており、その中でも皆既日食は太陽を全て食べることにより地球が届かなくなってしまい、無駄に発電量を増やさなければならないという事例もある。

「食」の治療及び対策[編集]

現在、食を未然に防ぐ対処処置は発見されておらず、例えばガムを噛むなどの行為をすることで一時的に食の症状を抑えるというものに留まっている。病院による具体的な対処を挙げると、ソルデム1等の医薬品を点滴で摂取するものがあるが、これは人体にストレスを与えるばかりでなく、重度の食中毒者にとってはそれに耐え切れず点滴管を抜いて、スポーツ飲料水感覚でそのままからそれを飲んでしまう虞もある。よってこれは、そのような虞のない植物人間に対して行われる。健全な人に対しては治療方法がないというのが、悩ましい現実であり、問題でもある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。