飯島愛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この方は亡くなられました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「飯島愛」の項目を執筆しています。
お休みになってください

飯島 愛(いいじま あい、1972年10月31日 - 2008年12月中旬)とは、2007年4月から何らかの病(エイズとも腎炎ともいわれる)の闘病生活をしていた日本ニートである。芸能界においては独特のキャラクターで一時代を築き上げたタレントであった。

彼女のこれまでに残した功績[編集]

AV界における功績[編集]

飯島愛の登場前のAVといえば、家庭に何らかの事情を持った決してルックスがいいとはいえない女優が出演する見るに耐えないものであったが、 彼女の登場によって女優の質を改善する動きがおこり、日本のAVの質が世界中に愛好者がいるまでのレベルに達した。

又、彼女は元AV女優であることを公言しながら芸能界に進出し成功したタレントの先駆けであり、その成功ぶりから日本の若い女性たちがAV女優になることに躊躇しなくなり、AV女優勧誘にも多大な貢献を残した。

出版業界における功績[編集]

飯島愛が2000年に世に送り出した半自叙伝の『プラトニック・セックス』は自身の性感染症や整形などのカミングアウトを暴露的に行い、ベストセラーになった。

性感染症の原因は勿論AV女優の仕事でアーン♥♥をしたため。

彼女の功績により暴露本はひとつの分野として確立され、出版業界を大いに潤わせることになった。


また、石原真理子らの暴露本の後進を生み出すことにも成功した。

コメンテータとしての活躍[編集]

本来、日本のマスコミは特定アジアに対するマイナスイメージな報道を不要なまでに自粛する傾向があるが、 日韓ワールドカップ時においては「もうキムチは食べない」と世界中の朝鮮人以外の全ての人の気持ちを代弁するなど、立場にとらわれない率直なコメントを残すコメンテータであった。

これは同時に日本のマスコミに知識人を求めてはいけないという教訓をも我々に与えてくれた。

死去[編集]

2008年12月24日、自宅マンションで死んでいるのが発見されたが、オナニーグッズが部屋に大量にばら撒かれていた事から自慰により死んだ事が明らかになっている。

ナベプロの圧力と死[編集]

飯島直子の大ファンとして世界的にも有名なひろゆき氏はこのことについて、「ハロプロむかつく」と見当違いなコメントをしている。

二代.jpg この項目「飯島愛」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)

関連項目[編集]


Hito.png この項目「飯島愛」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)