香箱座り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「香箱座り」の項目を執筆しています。

香箱座り(こうばこずわり)とは、の防衛術の一つである。

概要[編集]

が、主にエネルギーの回復時に使用される。 両手足を器用に自分の体の下に収容して座るその姿から、木馬と呼ぶ者もいる。 一見無防備に見えるこの寝方であるが、耳による聴覚、髭による空気の振動を関知するレーダー網と常に足を体の下に収納することにより、常に逃亡もしくは応戦することが可能になっている。

歴史[編集]

猫は家を出れば七人の敵ありと言われるだけあり、猫は常に戦いに備える必要があった。 そんな彼らも常に警戒することは難しく、寝てる間に敵に襲われる事もしばしばあり、それを可愛そうに思った猫将軍が授けた防衛術が香箱座りある。 だが、家猫は常に安全な環境にあるが故に、しばしばこの防衛術を忘れてしまい、無防備な寝姿を曝してしまうのである。

使用法[編集]

  1. 前足と後ろ足を所定位置に移動させる
  2. しっぽを任意の場所に格納するための下準備
  3. 前足と後ろ足を曲げつつ降下
  4. 警戒するためのレーダー網を展開する

有名な使用者[編集]

  • ウルタールの猫 - 魚介類が苦手なラブクラフト氏も猫は大好きであったようである
  • 吾輩は猫である - 気難しい事で有名な夏目漱石も猫は大好きであったようである
  • マイケル - 小林まこともやっぱり猫は大好きであったようである
  • ニャンコ先生
  • にゃんこ先生
  • 菊千代 - 赤塚不二夫先生が飼っていたハチワレの猫さんです、知能指数が高い
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)