駄乳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「駄乳」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

駄乳(だにゅう)とは、何らかの理由で価値を落としてしまった可哀想なである。

概要[編集]

おっぱいは素晴らしい、それは万人が認める所である[不要出典]。「乳に上下無し」の言葉にあるように巨乳貧乳も等しく素晴らしい。が、その素晴らしさを手入れ不足や余計な追加要素により損なってしまう事がままある。そうなってしまった「価値が一段劣るおっぱい」が駄乳である。

例えば「巨乳だが肌が荒れている」「陥没乳首だが色が黒い」「貧乳なのに垂れぎみ[1]」など。大きくてスベスベなのがウリの巨乳がザラザラでは悲しいし、陥没乳首は勃起して黒ずんだ乳頭が出てきたらガッカリであろう。貧乳が垂れてはその魅力を失ってしまう。貧乳は少女のような張りが命なのだから。またサイズや形状を問わず「産毛でザラザラ[2]」「ブラジャーの痕が長く残る」などの問題点がある場合も駄乳となる。

「駄乳=無駄」?[編集]

駄乳の駄は無駄の駄であり、上記の通り価値が落ちていることを示している。が、実際には駄乳に価値を見いだす男性も一定数存在する。

彼らの中では「駄乳はおっぱいだけでなく生活全般がガサツな傾向があり、ちょっと頭を使えば簡単に口説き落とせてヤり棄て出来る」という認識が成立しているためである。だが乳の手入れを怠って恥じないような女がセックスに興味を示すか、というとかなり怪しい。「面倒だから適当にやって帰れ」とばかりに股だけ広げて携帯弄っていたり、或いは完全にマグロ化して動きやしなかったり、と萎え萎えな女である可能性も高い[要出典]

男のお洒落センスは靴でわかるというが、靴だけキメキメでもその上が悉くダメならば意味はない。女性のおっぱいも同じである。それだけが価値ではないが、おっぱい一つにさえ気を使えない女の女子力など高が知れているのだ。

脚注[編集]

  1. ^ 少ないから垂れない、とか都市伝説ですんでな!!小さくたって手入れ怠ると垂れるからな!![要出典]
  2. ^ 胸毛ではない。胸毛であってはならない。そうなるとおっぱいではなく雄っぱいになってしまう。

関連項目[編集]