駅名標

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「駅名標」の項目を執筆しています。

駅名標(えきめいひょう)は、鉄道駅のホームに設置している芸術品である。

概要[編集]

昭和時代、旧・国鉄をはじめとした当時の日本の鉄道事業者は駅に設置されている駅名標には、自駅・隣の駅の名前だけという必要最低限の情報が書かれていれば良しとしていたため全体的に素っ気なく鉄道教でさえ誰も気にしない状態であった。

特に国鉄の場合

○○
×× △△

このように白地に黒文字、T字状の仕切りに矢印のみという全国どこ行っても同じような形・色の車両ばかりで個性など全くない国鉄の象徴が駅名標にまで表れていた。

しかし、国鉄が解体されJRになった後、各社は国鉄の古臭い駅名標をやめて独自の新しいデザインの駅名標に交換していった。各社バラバラなデザインだったためここから駅名標は芸術品になりはじめていったと言われている。一部の私鉄や公営交通などもJRのデザインに刺激され新しい駅名標にしたところもある。

問題点[編集]

こんなのはまだ序の口である。

各社オリジナルの駅名標が登場したのは良いことだが、改良に改良を重ねた上で問題点も出た。近年の外国人旅行者の増加により、地方ではあまり無いが首都圏のJRでは日本語・英語・ローマ字だけでなく韓国語・中国語まで表記され、さらにナンバリングという駅番号まで振られるようになったので芸術品の域を超えて迷宮と化してきた。しかし、これをすっきりまとめるにも限界があるのでどうしようもならないので非常に困ったものである。

もし、駅名標を見て自分が乗る列車がどっちに行くかわからない場合は駅員に尋ねてみよう。

関連項目[編集]

Gomen.jpg この「駅名標」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)