高嶺の花

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Undictionary Logo Text.png
この記事「高嶺の花」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
「我々が岩壁の花を美しく思うのは 我々が岩壁に足を止めてしまうからだ 悚れ無き その花のように 空へと踏み出せずにいるからだ」
高嶺の花 について、久保オサレポエム

高嶺の花(たかね-はな、悲願花)は、その気になれば案外摘めるものである。

概要[編集]

高いところに咲いており、遠く仰ぎ見ることは出来ても手にすることが困難な様子から、一般的に「憧れるだけで決して手の届かない、手に入れることのできない存在」として喩えられるが、それは単に「難しそうに見える」だけであることが多く[要出典]絶対不可能であるという確証は絶対にないのであるが、その「難しそう」なイメージを忌避するための言い訳として「自分には分不相応である」として敬遠してしまうのである。そのため、その花を実際に摘みに行くまで誰も手を出さないことがほとんどであり[要出典]、花が逃げる筈もなし、時間はたっぷりあるのだから綿密な計画と着実な努力、冷静な判断そして時に大胆な決断とそれに伴う行動をもってすれば、誰もが憧れながら手を出せずにをくわえて見ているだけのそのを、自分の手で摘み取ることが出来るのである。

結果[編集]

自然を大切にね♪

かくして千尋の谷を下り万丈のを登り、苦心と困難の果てにようやく摘み取れた花が、必ずしもあなたの望むものであるとは限らないことは、あらかじめ覚悟しておく必要があるだろう。まして摘み取られた花はすぐに枯れてしまうし、たとえまるごと鉢植えにしても育てるのに莫大な手間を要するばかりか、そもそも鉢植えの状態で抱えたまま下山するのはそこへ到達する以上の困難を伴うのは言うまでもない。そればかりか自然保護関連の法律に抵触してしまうため、常に当局の目に怯えながら暮らさなければならない。そこまでしてその花を摘み取りたいのか、よく考えてから自己責任で実行することを強く推奨する次第である。

結論[編集]

高嶺の花は、凛として高嶺に咲くからこそ美しいのであり、すなわちそっとしておくのが一番なのである。鳥とて、籠の中に入っている姿ではなく、自由に空を飛んでいる姿こそが美しいのだから。

関連項目[編集]