高橋名人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「ゲームは1日1時間ってレベルじゃねえぞ!!」
激ムズ・高橋名人の冒険島 について、モノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高橋名人」の項目を執筆しています。

高橋名人(たかはしめいじん)は、西瓜割りの達人。指先だけで西瓜を真っ二つにする必殺技を持つ武術家。 その他にも、『偶然テレビ番組の街頭インタビューを受ける拳』や『連射を必要としないゲームでも名人なんですか?という子供の質問をスルー拳』や『どうして他の会社のゲームをやらないんですか?という子供の質問の葉書廃棄処分拳』等の必殺技をもつ希代の武術家。誰だ、斎藤千和からリンクで飛んできたやつは!俺は許さない。

生い立ち[編集]

家業の灯油運びで身体を鍛える。後に近所のスーパーで店員の仕事を得るが、たまたまそのスーパーを訪れた大(大は「にせ」と読む)武術家『波戸損流拳法』の総帥から『声が大きい』事を見込まれスカウトされ、そのまま入門する。 しかし同じ門下生の広橋涼のつむじを16連打で割ろうとしたため破門。以後明治政府復興に尽力する。

堅実[編集]

過去、名人と呼ばれる武術家は数多く存在したが、一時のブームで雨後ののごとく名人が乱立したときに、調子に乗って所属流派から独立してしまい、ブームが去った後に行方不明になってしまった者も多い。だが高橋名人は『波戸損流拳法』(我流)に所属し続け、その名を後世に残している。

実はすごくいい人なんですよ(本当だってば)

関連項目[編集]

この項目「高橋名人」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)