高田健志

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高田健志」の項目を執筆しています。

高田 健志(たかだ けんし)はナス科ナス属の植物で、株式会社テクサ所属の俳優。自然を司るとしての職歴もあり、同時にザ・シンプソンズでもある。顔はナスと唇だけから出来ており、超熟の如く余計なものは何も入っていない。

俳優業[編集]

幼いころから高田の両親は多額の負債を抱え、高田は『半沢直樹』のそれとよく似た貧しい少年期を過ごした。しかし、、成人する頃には卓越した容姿に恵まれ、これが俳優としての職に繋がった。そして、今は亡きゼルプロダクションという事務所からデビューすると、視聴率で伝説的な記録を打ち立てたテレビドラマ『半沢直樹』の第6話にてタミヤ電機社員役を演じ、近藤直弼が職場で嫌味を言われる様子を他の社員と後ろから眺めた。

その後には『山本美紗サスペンス 黒の滑走路 第3作』(通称「黒滑3」)に出演。瞬間移動の超能力でもない限り無理と言えるほどの頻度であらゆる場所に出没し、包丁を持った暴漢が乱入しても、それを捕まえるためにメインキャラたちが大立ち回りを演じても、一切動じずに背景を歩き回った。

オリジナルビデオでは『裏麻雀美神列伝 潰し屋レイカ』(通称「裏れいか」)にて悪徳ホスト・ヒロを演じた。作中でヒロは店を訪れた女性客との賭博麻雀で国士無双を揃え、麻雀初心者の女性をコテンパンに叩きのめした末にビデオ撮影をしながら嬲りまくって金を巻き上げようとする。しかし、後に主人公のレイカにイカサマを見破られ、さらには自分の言い出した約束のために手をハンマーで打ち砕かれる。高田健志はこのような大役を演じたにもかかわらず、エンドロールでは名前の字を「高田志」と間違えられた。

他には、『それいけ!! 南青山男子寮』とかいうゲイビデオに出演。

神としての能力[編集]

「偽善者マジうざい…。普通、自分の友人知人両親などが被災したら心配だが、まったくの他人に心配な感情なんて抱くか?」
東日本大震災 について、高田健志

俳優活動中、彼は炎を司る能力に目覚め、自らの正体が炎神であることを明かすと崇められるようになった。その理由は、東日本大震災が起きた際に、その被害を案じる人々をツイッター上で批判することで、自らの身体に強力な火炎を巻き起こすことができたからである。そして、彼の自然を司る神としての才能はそれだけに留まらなかった。

高田健志にはもう一つ就きたい職があった。それは芸人である。高田健志は芸人になるべく己の芸を磨いたが、やがてある才能が自分に備わっているということを知ってしまう。それは、芸人ではとても及ばない才能であった。高田健志は芸と称して「たかし~!!」と大声で悲鳴を上げることで周囲に強烈な冷気を発生させることができると分かったのである。彼が大気を司る氷の神となった瞬間であった。

炎を操ることが出来るばかりか、その対極に位置するはずの冷気をも操ることが出来る、そのような類稀なる才能を持つ高田のもとにはすぐさま信徒が集まった。震災の起こした津波により多数の人々が不幸の中で命を落としても微塵の心配もせず、それどころか犠牲者の冥福を祈る人々を侮辱する、その鋼の精神は明らかに人間のものではなく、それこそ神の持つ特別な力なのだとも考えられたのである。

現在、高田健志の信徒はネット上のあらゆるところで布教を続けている。この記事もその媒体としては例外ではない。なお、高田健志の信徒には布教目的上「よっちゃんだよー^^」「高田健志って偉いよなぁ!?」と繰り返し述べる特徴がある(「よっちゃん」とは高田健志の友人の友人に当たる人物であり、信徒たちは教典の内容を基に彼に成りすましているつもりだが、非著名人であるためここではそれについて詳しく解説しない)が、テレビドラマ「リーガル・ハイ」にてメインキャラたちがインターネットの投稿動画を閲覧しているシーンにはこれに酷似するコメント演出が複数見られており、こういったことから高田健志はインターネットからもテレビドラマ業界に影響を及ぼしていると思われる。

ゲーム実況を兼業[編集]

高田健志は俳優を兼ねながら、今はなき事務所であるゼルプロダクションを通してニコニコ生放送でのゲーム実況配信を行った。無論、俳優である以上、他のパンピーみたく無断でゲームメーカーの権利を侵害するようなことはせず、許諾を取った上での配信であった。

しかしゲーム実況というものはその筋で高い知名度を誇る多くの人々が形成する世界にあり、やがて高田健志はこの世界の深みに嵌まって行ったのである。その世界は高田健志にとって、あまりにも闇の大きい世界であった。性欲金銭欲の充足のみを目的として知名度を振りかざす人々を断罪すべく、高田健志はその闇を光で照らし、世界の外に向けてその闇の多くを暴露した。高田健志がインターネットの世界で戦士として才能を発揮し、修羅の道を歩み始めたときである。

まず、ゲーム実況においては、投稿者が知名度を利用して女性の視聴者と密会し交際もとい性交することは当然のことである。しかし、高田健志はこの現実に対して「そうであってはいけない」と一石を投じた。視聴者を楽しませて得た名声を、自身の性欲などという下らないものに充てることは邪なことであると唱えたのである。もちろん、ゲーム実況というコンテンツをまさに純粋に楽しんでいた視聴者はこの現実を知って激しく逆上し、ゲーム実況者たちを叩いて叩いて叩きのめしてその地位を失墜させた。

たちまち高田健志は同業者たちから嫌われたが、もちろんそんなことは気にも留めなかった。高田健志の不屈の闘志は多くの人からの評価を得るに至り、高田健志はドラマ界のみならずインターネット上でも高い知名度を獲得した。そして高田健志はその地位を利用して女性と交際し、紆余曲折の末には3,000本分にもわたるゲームソフトのROMデータを違法に入手するに至ったのである。

逸話[編集]

高田健志は前世では戦国時代武者であったとして知られる。彼はその土地を治める君主に従う武士として戦ったが、やがて君主を殺されてしまった。その際に悲しみに暮れる周りの武士たちに対してこう言ったのである。「自分の友人や両親などが殺されれば、それはとても悲しむべきことだ。しかし、たかが君主が殺されたのであれば、それは自分にとって親しい友人や両親の死には遠く及ばないのだから、決して悲しむべきことではない。悲しむ理由が分からないし、偽善のようでとても鬱陶しい。」この時、彼は逆上した周囲の武士たちのよって私刑にかけられ殺されてしまった。この前世の名残は現在の高田健志にも残っている。前髪を上げると、落ち武者と非常によく似た容貌となるからだ。

関連項目[編集]

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「蛟(か)」の項目を執筆してくれています。


Ketsueme.jpg この記事「高田健志」はアンサイクロペディアに存在する玉石混交の記事の中でも玉の部類、それも綺麗なエメラルドの原石に当たります。
しかし、実際はエメラルドのように見えるだけの鹸化したウンコに過ぎず、すなわちまだ書きかけの状態にあります。
より詳しい方がこの記事を充実させてください。 (Portal:スタブ)