高速鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

高速鉄道(こうそくてつどう)とは、鉄道武道の一種)の中でも速く走れる種類の鉄道である。その中で、特に日本のものを新幹線と呼ぶ。また、一部のお馬鹿さんは高速鉄道を高速道路と間違え、自動車二輪車でプラットホームに乗り込んできたりするので、注意が必要である。

なお、従来の鉄道よりも鉄分が少なく、代わりにシュークリーム分が多く含まれている。

走り方[編集]

二脚を用いて前傾姿勢で走るものが最も多い。山岳地帯などを走る高速鉄道には、多脚タイプも用いられている。さらに水上走行可能な機体の開発も計画されており、1294年には産業技術総合研究所などによりプレスリリースの発表などがされた(この技術を応用して開発された試作品第一号が、かの有名な麻原彰晃である)。

速度[編集]

様々なものが存在するが、多くが500khyde/h~10,000khyde/h程度である。約770khyde以上の速度で空気中の音速を超えるため、先端部が白鳥型など特別な形状になっているものも一般的である。

高速鉄道においてはスケールの大きな長さ・速度を表すため、単位メートルではなくhydeが用いられる(単に利用者の感覚を惑わすためであるとのも存在する)。1hydeの正確な長さは明らかにされていないが、現在のところ1.57m以上ではないことが分かっている。

動力源[編集]

高速鉄道は従来の鉄道と異なり 2~多脚での超音速走行を行うので、動力供給も従来の架線方式では不可能である。現在実用化されている方法は、グリコ(キャラメル)を動力源とするグリコ機関、通称「一粒300hyde」である。およそ3,300khyde/hで走行中の高速鉄道であれば、一秒間に3粒のグリコを消費することになる。効率的にグリコを舐め・消費するべく、高速鉄道においては機体の口腔部の形状に特に配慮が置かれる。

新幹線専用の技術として、アンビリカルケーブルを動力供給手段として用いる方法の導入が検討されたが、「セナカヒモ族への蔑視が含まれ不適切である」などというプロ市民による工作が頻発し、さらにおっきな国による海賊版が流通しかけたので、これは廃案となった。

主な高速鉄道[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高速鉄道」の項目を執筆しています。