高齢ドライバー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「高齢ドライバー」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

高齢ドライバー(こうれいドライバー)は、いつ逮捕されても不思議ではない犯罪予備軍である。 高齢者ドライバー、老人ドライバーなどと呼ばれることもある。

概要[編集]

自分はできると過信する。
で、こうなる。

高速道路をはじめとする一方通行道の逆走や、ブレーキの代わりにアクセルを踏み込むことによる暴走行為など、道路交通法規に違反する無秩序な運転を行い交通の危険を生じさせる運転者群である。若年ドライバーによる暴走族と類似性があるが、暴走族が故意に危険な運転をするのに対して、高齢ドライバーの場合には危険な運転をしているという自覚がないのが特徴である。

高齢ドライバーの一部には、飲酒運転や、免許の更新をしていないのに運転する無免許運転のように、明確な犯罪といえる行為に及ぶ者も一部には存在する。しかし、そのようにあからさまな犯罪行為など、高齢ドライバーの問題においてはほんの氷山の一角に過ぎない。

高齢ドライバーによる典型的な犯罪は、自動車運転過失致死傷罪道路交通法違反である。前者は7年以下の懲役若しくは禁固又は100万円以下の罰金という刑が定められており、これは、若年の犯罪予備軍にみられがちな暴行罪(2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は勾留若しくは科料)や公務執行妨害罪(3年以下の懲役若しくは禁固又は50万円以下の罰金)よりも重い罪となっている。高齢ドライバーは、いつ逮捕され刑務所に送られることになっても不思議はないのである。

人間は年を経るに従って身体的機能が衰えるものであり、このことは運転についても同様である。ところが、多くの高齢ドライバーには運転能力が衰えているという自覚がなく、それどころか、運転だけは誰にも負けないという奇妙な自信を持っている。長年の経験を積んでいることがその自信の根拠のようである。どんなに経験が長くても、年を取ったスポーツ選手は能力が衰えて引退せざるをえなくなることを考えてみれば、とっさのときに自分が適切な行動を取れるかどうかわかりそうなものであるが。

人生を犯罪者として終える前に、免許を返納すべきである。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「高齢ドライバー」は何故か「高齢運転者標識」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。