東京都立クロマティ高校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京都立クロマティ高校」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「東京都立クロマティ高校」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「東京都立クロマティ高校」の記事を執筆しています。

東京都立クロマティ高校(とうきょうとりつ-こうこう)とは、東京都に存在する公立高校。

概要[編集]

都立クロマティ高校は1923年、東京府立第四十九中学校として設立された。同年関東大震災で校舎が全壊し、初代校舎は一年と持たずに消失。その後も何故か節目節目に凶事に見舞われるという因縁に捕らわれ、都制発布による改称後は空襲により全面的に休校を余儀なくされてしまうし1980年の式典中には謎の大爆発により再度校舎を消失している。

教育理念は「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」。近隣の学校との交流が盛んなのも、この理念によるもの。デストラーデ工業高校やバース高校の生徒が校内イベントに参加する事も多い。

校風としては「自由」が掲げられており、生徒の自主性を何よりも重んじる。アルバイトや芸能活動などにも規制はなく、生徒が学校そばの喫茶店で働く姿もよく見られている。またラジオを中心としたメディア活動も行われ、クロマティ出身のラジオ芸人「アジシオ太郎」は地元FMで人気を博している。

生徒の個性も非常に強く、外部からの見学者からはゴリラがいた」「フレディ・マーキュリーがいた」「どう見てもプロレスのマスクマンだった」「ロボットか自販機に見えた」など様々な声が寄せられている。

学力[編集]

自由を重んじすぎるせいか、クロマティ高校の学力レベルはかなり低い[1]。ただしこれは首都圏における公立高校が共通して持つ悩みでもある。

地方では学業優秀者や富裕層が私立高を志望するため、公立高はバカも秀才も金持ちもビンボーも皆雑多にいる「平均的な集団」になるが、都市部では一般層が最初から私立高を選択するため公立高がバカと不良の溜まり場になりやすい[要出典][2]

クロマティ高校はその流れを思い切り受けており、学力に関しては都立高校でも随一の低さを誇っている。

脚注[編集]

  1. ^ 引き算が出来れば受験は通れる、と言われる。
  2. ^ ドラマ「名前を無くした女神」でも語られていたが、(地方都市はさておき)都市部では公立学校はそもそも「行ってはいけない場所」である。

関連項目[編集]