魂のルフラン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魂のルフラン」の項目を執筆しています。

魂のルフラン(たましい-)とはエヴァの総集編劇場版の主題歌。略称「タマラン」俗に言うアニソン。また、検索ワードで「エーフランス」と被りやすい。

概要[編集]

なんとかのテーゼと同様、聞こえは良いが意味不明な単語を羅列している。なんどもなんども、「還しなさい」と催促している。もし、「帰りなさい」と書いてみたら、たちまちエヴァファンがきて書いた人を袋叩きにされるので、注意。

また、頭が固い人風味に言うと、「胎内回帰」というが、アンサイクロペディア風に言うと「幽体離脱したのはいいけど戻りましょう」である。

今でこそ、DEATH & REBIRTHの主題歌として有名だが、元々は同じようなタイトルの曲総集編映画の主題歌になるところだった。ところが、ルーピー以上にブレる庵野秀明が映画公開を何度も延期をした挙句に、「心よ(ryが主題歌だから作るのも遅れるんだ。ルフランを主題歌にしよう」と掃き溜めに鶴の一声で、主題歌をこの曲にした。一方、使われなかった方はイメージソング扱いされこの曲を知っているエヴァファンも少ない。劇場版のパワー恐るべし。

社会現象[編集]

この歌により、更に中二病患者が増加した。また、シングルで発売されたときにオリコン3位に入りとくダネ!などは渋々紹介したがその際MCの小倉さんがつい本音が出て「意外な曲がオリコン入りですね、なんでこういう曲がランクインするのかね。これだから今の日本は・・・」と口走ってしまい、エヴァファンにより袋叩きにされた。現在、彼がカツラを被っているのはこの時の傷が頭に残っているからというのが通説である。

たまにパチンコのCMでこの曲が流れるが、そのCMが流れた途端、エヴァファンは狂気の沙汰でテレビの前に正座して聴こうとする。もし間に合わなかった物ならば、テレビを叩きに叩いて壊す、暴走する、雄たけびを上げるなどの行動をしてその家は消滅する。なので、エヴァファンがいる家庭では出来る限り見せない方を推奨する。もしそのCMが始まったら是非ともミュートにしていただきたい。コレは地球の為でもあり、皆さんの為でもあります。

カバー[編集]

この曲をカバーした人間はたくさんいる。彼らは厨二病患者である

林原めぐみ
綾波モードで歌っている。しかしボソボソ言っているうえ、肝心の「魂のルフラン」と歌うところを「たましい」としか歌っていない。その為、ムサシモードで歌うバージョンも計画されたが誰も気にしない
安室波平
バッカモーーンッ!ワシはこんな歌、歌ってないぞォ庵野の奴、また悪戯しおって。
騒音おばさん
カバー曲中で最も売り上げが多かった。アップテンポに布団をマイクで叩くパフォーマンスにも、定評がある。
ムスカ
「還りなさい」の部分を「還りたまえ」、「ルフラン」を「ラピュタ」にするなど、詞を改造し、それはウケたが、当人がとてつもない音痴だった為、売れなかった。(その代わり、歌詞カードだけは売れた)

他分野との関連[編集]

麻生太郎[編集]

アニメオタクである方が有名な、内閣総理大臣麻生太郎は辞任後、慰労会にてこの曲をノリノリで歌ったらしい。しかし周りの議員らは直後に失神、痙攣しそうでなくとも、二日酔いに似た症状が現れたとのこと。また周囲のボックスにいた人からは「化け物が呻いている」とか「新幹線に人が飛び込んだか」、「あああああああああ!」と言った。つまり麻生は所謂、音検閲により削除だった。

洗剤[編集]

企画当初のデザイン。やる気満々のデザイン
外圧直後のデザイン。ルが手書きっぽいのは創価学会とJASRACの板挟みになっていたからである。

洗剤の中に「ソフラン」と言うものがある。なぜソフランなのか。それはこの商品を売る企画会議が始まった当時、この曲が流行っており、流行に乗ろうとからである。当初は「ルフラン」だったが怖い人たちから「使用料月1000万円払え」と脅された。この脅しにビビった花王が日本語の発音記号、56音の内、「ル」を抜かした55音から無差別に抽選した結果「ソ」に決定した。

しかし、今度は創価学会エヴァファンから「ルフランにしろ」と脅され、またもビビった花王が「ルフラン」で売ろうとした。しかしJASRACが「使用料月2000万円払え」と脅し、「ソフラン」にしたら、また(ry

結局「ソフラン」となり後世に残るロングセラーとなったものの、これを知った創価学会の検閲により削除により「魂のソフラン」なる曲が出来てしまった。

ググる[編集]

稀に存在するNEETなエヴァファンが毎日、毎日、「エヴァ」「テーゼ」「ルフラン」と言った具合に毎日毎日、ググるが「ルフラン」と検索した際に、ほとんどの検索エンジンは「・」(点)を抜かして検索する。このために、「エール・フランス」のような物がヒットする。番組検索の際には、「エール・フランス」のドキュメンタリー番組がヒットするため、エヴァファンはYahoo!に抗議した。その結果、Yahoo!のホームページ上には必ず、エヴァ関連のリンクがある。

ルフランで検索したヒットするワード一覧。

ル・フラン
たいていは美容院の名前である。しかしこの名前を付ける店主は皆、フランス気取りの厨二病である。また、フランスの通貨、「フラン」が何故かヒットする。
カッププラン
某ビジネスホテルの宿泊プランの一種だと思われる。だが何故、半濁音がついているのにヒットするかは未だに不明。ただ明らかなのは、このカップルとは決して、男二人ではないことである。
ルフラ~ン
なんか、ハイしている人がブログを書いているとこうなるらしい。極度のエヴァ好きがハイすると「~すルフラ~ン」とタラオのような感じで、語尾にやたら、付けるようになる。

2010年8月8日[編集]

2010年8月8日、午後6時30分頃、熱烈なエヴァファンは自宅のテレビの前で、自宅にテレビがないものは食堂のテレビのチャンネルを勝手に替えて正座していた。チャンネルはNHK教育。すなわち地デジでは2ch、地アナなら12chである。そして高橋洋子の姿が映し出されると、狂気の沙汰で騒ぎ出した。何故か。そう、この曲がテレビで流れたからである。中には、歌うもの、踊るもの、騒ぐもの、飛ぶもの、煮物がいた。これを見たムスカ大佐が「見ろ、使徒がゴミのようだ」とつぶやいたとかつぶやいていないとか。

また、テレビが壊れたり、アンテナの不具合があって、見たくても見れなかった者たちは少なからずいたと思われる。報告によると一部が使徒化暴徒化し傷害罪で捕まった者もいたが、誰も気にしない



関連項目[編集]