魔を祓う尊師の歌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

魔を払う尊師の歌(まをはらうそんしのうた)とは、寝台特急の臨時列車が発車するときの発車メロディーである。

概要[編集]

原曲の作曲はオウム真理教。同教団代表の麻原彰晃のヒット曲である「尊師マーチ」と共に有名な曲である。「しょしょしょしょしょしょしょしょ~こ~」のフレーズが特徴的で、90年代を象徴する一曲としても国内外問わず有名である。 発車メロディーとしては類稀にみる歌詞つきのもので、原曲をそのまま流しているため、最後まで流れきることはまずない。

また、発車メロディーオリジナルの歌詞として「下がれゴルルルォァ」や「フラッシュ焚くなよ!」「下がれって言ってんだルルルォ」、駅員に依る「大変危険です押さないようにして下さーい」「協力して撮ってください」等が存在する(毎回変わっている)。

使用実績[編集]

発車メロディーとしての使用実績は2011年より8回確認されている。公式としての発車メロディーではないため、使用される回数は極端に少なく、JR側でも公式のものとしていない。

これが流されるのは臨時寝台特急列車の発車の際、有志団体の手によるものとなる。

この発車メロディーを流している関係者によると「寝台特急の発車間際に、鉄道ファンや旅客に対しての宗教勧誘の被害が相次いでいるため、対策として発車時の注意喚起のために流している」とのこと。実際に効果があるかについては、「実際に魔を祓っていますね」と笑っていた。一方で、一般利用客には評判が悪く、先述の関係者のコメントに対しても発車メロディーの作曲を多く手掛けている塩塚博氏は、「これでは本末転倒、ナイフを持った強盗に原爆で対応しようというくらいばかげている」とコメントしている。

なお正式に採用されるかについては、JR側は「特定の団体名や個人名が入っているため採用はない」とコメントを出している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オウム真理教の音楽」の項目を執筆しています。