魔乳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Disambiguation

ここでは、まーそのー・・・いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされてはいないと考えられているとされている魔乳につきまして説明している項目です。はい。
異様に肥大化したおっぱいにつきましてですがー、えー・・・爆乳で我慢してください。



Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔乳」の項目を執筆しています。

魔乳(まにゅう)は後すぐの新生児から出る。ありえないほど巨大なおっぱいや魔界からやってきたおっぱいや魔法呪文で大きくしたおっぱいをイメージしたあなたはおっぱい星人かもしれない。マリュー・ラミアスを思い浮かべたあなたは大丈夫。

概要[編集]

魔女が魔乳の採集に使っていたとされる道具。…ゴクリ。

12世紀頃のヨーロッパでは魔女がこの魔乳をなどの原料にに使ったりねるねるねるねの原料の一つに使っていた。魔乳を入れると ねるねるねるねは…ヒッヒッヒッヒ…練れば練るほど…色が変わって…こうやってつけて…うまい!!(テーレッテレー)になるらしい。他にも有名な魔女のクレアクリームシチューに入れていたという記録が文献にみられる。

しかし魔乳は性別は関係ないが生後2日~1週間ぐらいの新生児、それもそのうちの1~2割程度の赤ちゃんにしか出ないため魔女自身の子供で賄えるはずもなく、仮に出たとしても乳腺を傷つけやすく感染症にかかることが多いので大事な後継ぎの子供ではできなかった。そのため魔女は他の家庭から新生児を奪っては搾取していた。

このことからヨーロッパ各地で魔女に新生児がさらわれる事件が多発し、警察は生まれたばかりの子供を外に連れ出さないようにと警告していたが、当時は一家全員が農業をおこなっていた家庭が多く、家に赤ちゃんを一人で置いておくわけにはいかなかった。そのため農作業で目を離しているすきなどにさらわれ、被害の数は一向に減らなかった。この被害を防ぐためヨーロッパ各地で魔女狩りが始まった。

関連項目[編集]