魔法少女まどか☆マギカ オンライン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」の項目を執筆しています。

魔法少女まどか☆マギカ オンライン(まほうしょうじょ まどかマギカ オンライン)とは、2011年1月に放映され様々な受賞実績を達成したアニメーション作品「魔法少女まどか☆マギカ」の版権を利用して高い経済効果を実現させたブラウザオンラインゲームである。

概要[編集]

利益向上のための運営戦略[編集]

このオンラインゲームにおける最大の長所は、アニメーション作品「魔法少女まどか☆マギカ」の版権を利用することにより、最低限のゲームシステムとサーバー設備によって高い利益を運営側にもたらすことが出来る点にある。

このオンラインゲームの企画が構想される段階では、既に「魔法少女まどか☆マギカ」は多くの視聴者によって魅力的な作品であると認知されており、多くの受賞実績はその証明として十分であると運営によって判断されていた。よって、このオンラインゲームの運営戦略においては、ゲームの質が多少低くても「魔法少女まどか☆マギカ」を主題として扱っている時点で、多くの顧客を味方につけることが可能であるということは明確であった。

ゲーム性の犠牲とそれによる利益向上[編集]

魔法少女まどか☆マギカ オンラインが開発されるにあたって、予算への考慮から、ゲームシステムは必要最低限のものに止めることを重要とした。完成したゲームの内容は、ただサイコロを振り、出た目の数だけ進みながらゴールを目指してストーリーを進行させていくというものだった。また、サーバーなどといった設備においても性能は最小限に止められたため、データの送受信速度はオンラインゲーム用の機能としてはかなり劣る程度のものが採用されたが、企画部はこれについて、十分であると判断した。

課金によるファンサービスとそれによる利益向上[編集]

このようなゲーム性としての面を犠牲にする代わりに、運営は「魔法少女まどか☆マギカ」の版権を最大限まで生かすことを最重要とした。アニメーション作品としての「魔法少女まどか☆マギカ」では見ることのできない特殊な書き下ろしイラストを用いたアイテムをゲームに収録し、課金によるくじ「キュゥべえボックス」の当たりとしてのみでそれを入手させること、ゲーム上で入手したアイテムのイラストを閲覧することを可能とした。更に、当たりの出る確率を最小限まで下げることによって、より多くの利益を運営会社にもたらすことを可能とした。更に、故意にゲームバランスを不安定なものにさせることにより、プレイヤーのストーリー進行を遅らせることを可能とした。それと同時に、ストーリー進行の効率を上昇させるための高い能力値を持つ装備品を課金くじから入手させるようにしたことで、プレイヤーがゲームのストーリーを進行させる際においても運営側に高い利益をもたらすことを可能とした。課金によってレアアイテムを入手している場合とそうでない場合では、ゲームの進行速度に大きな差を生むこととなる。

無課金の場合は5回しか連続でゲームをプレイすることが出来ず、この行動回数を増加させるには課金アイテムの購入が必要となる。このアイテムとくじ引き券のみ、くじを用いずに課金のみで入手することが可能である。

最低限の広告による利益向上[編集]

また、最低限の広告によって高い収入効果を達成することも出来た。広告手段としては、最も効果が高いと言われているテレビコマーシャルが採用された。広告は最低限の静止画と、ゲームから録画したプレイムービーを利用することによって、動画製作費を最小限に抑えることを可能にした。同時に、「日本全土を震撼させたアニメ作品」である「魔法少女まどか☆マギカ」の版権を利用しているという旨を広告上で伝えることによって、多くのファンを呼び寄せることに成功したのである。

これらの戦略によって、魔法少女まどか☆マギカ オンラインは高い経済効果を上げることに成功し、運営会社に高い利益をもたらすことを可能とした。

ゲームモード[編集]

ストーリーモード
ゲームの本編ストーリーを進行させるモード。ストーリーは多くのものに分けられており、一つのストーリーに用意されているボスキャラクターを倒すことによって次のストーリーを進行させることが可能である。意図的にゲームバランスが崩されており、ある時突然敵が強くなって進行不可能になるときがある。これを打開するには課金くじでのみ入手が可能なアイテムを装備することが必要であり、これを用いない手段では、他のゲームモードを使用して数か月をかけながら装備アイテムを強化させることが必要となる。レベルが上がるにつれて魔法少女5人を仲間にして戦うことが出来るが、人魚の魔女とその正体のはずのさやかが普通に戦うという設定上の矛盾が起こっている。
みんなでプレイモード
他のプレイヤーが作成したキャラクターと対戦や協力が可能になるモード。これを利用することにより、アイテムの入手や強化を無課金で行い、ストーリーモードへの対策を強めることが出来る。しかし、このモードはデータの送受信速度が低めに設定されており、ゲームのクリアには数十回の再接続とクライアント再起動を必要とする。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第21回執筆コンテストに出品されました。