魔理沙は大変なものを盗んでいきました

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「奴はとんでもないものを盗んでいきました。私のセリフです。」
魔理沙は大変なものを盗んでいきました について、銭形幸一
「ソビエトロシアでは、大変なものが魔理沙を盗む!!」
魔理沙は大変なものを盗んでいきました について、ロシア的倒置法

魔理沙は大変なものを盗んでいきました(まりさはたいへんなものをぬすんでいきました)とは、ボーカルのような呪文であり、現存するスペルカードのひとつである。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

概要[編集]

呪文の内容は「ごっすんごっすん」や「ひふみひふみ」など、妙にリズム感のある奇怪な言葉の羅列となっており、麻薬の様な中毒性を持つ。呪文の内容にストーリー性がある。

なおこの呪文はずんずん教信者の一部では邪悪な呪文とされ、アリス・マーガトロイドしか用いることはできない。彼女以外が人前で唱えようものなら極刑に処される。

曲名が曲名なのか、アリスを魔理沙と勘違いする人が続出。そのため、「ごっすんしている女の子はアリス」と自己暗示して矯正することを推奨する。イオシス側が、「アリスは大変なものを盗まれました」とすればこんなことにはなってなかったかもしれない。

歴史[編集]

魔法少女の『魔理沙』という人間がいた。実は泥棒である。(一生借りるだけ)

彼女は同じ森に住む人間以外魔法使い『アリス』の持ち物を盗んだが、勢い余って『アリス』の心まで盗んでしまう。

『アリス』は居てもたっても居られなくなり、『魔理沙』の顔を貼り付けた藁人形五寸釘を打ち込むのであった。

しかし「人を呪えば穴二つ」とはよく言ったもので、その呪詛はアリス自身に還って来ることになる。

「魔理沙は大変なものを盗んでいきました。あなたの心臓です!」という真相を知った瞬間から
アリスの意識は急激に薄れ始め、最期は機械的なノイズとともに意識が途切れてしまうのであった…。

内容[編集]

魔理沙?いいえ、アリスです

人形遣いの少女『アリス』が奇怪な言葉に合わせて踊り続ける。

アリス以外にも登場人物は存在するが、モブ的な存在に過ぎない。所轄、この呪文はアリスの独壇場である。

以下は呪文に登場する人物の一覧である。

アリス
呪文を使用する少女(画像参照)。踊り続ける。断じて魔理沙では無い。
魔理沙
泥棒。高速で横切る為、存在に気づかない人も多い。
とっつあん
何の脈絡も無く呪文の最後に現れて名台詞を喋る。中の人は霊夢。
パチュリー
背景と同化している。
プリズムリバー三姉妹
要所で演奏を行う。三女リリカは隔離されている。

歌詞[編集]

  • ごっすん ごっすん 鈍痛 鈍痛 あんああんあんああんアーン♥♥
  • 誰が ダレガ Can't be alive without you?

着うたカラオケ等にはなってはいるが、『JASRAC非信託』という奥の手を駆使しているので、愚民には無害である。

ちなみに、「誰が ダレガ Can't be alive without you?」という歌詞を鉄オタに歌わせると、「誰が ダレガ ダイヤ乱す?」となってしまう。また阪和線

また、同じ歌詞をドラえもん好きに歌わせると、「誰が ダレガ ジャイアンになる?」となってしまう。ガキ大将か!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]