魔道師思考宇宙破壊理論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

魔道師思考宇宙破壊理論(まどうししこううちゅうはかいりろん)は、某作品に出ている千年伯爵[1]と呼ばれる某人物[2]が、タイムマシン理論[3]を応用した一般的迷信宗教の教義が、発展した様な理論。

概要[編集]

あるアメリカ人がふと思いついた冗談を友人に言ったところ、CIA[4]に流出。多量の拷問死者を出した末、最終的に罪をまだ生まれていない人間に押し付けるという結論[5]に至った。 いまだに、ひよこ陛下はこれの真犯人(NHK radio jack-in ver.)を追っているとされている。その裏でひよこ陛下は真の発見者、千年伯爵とはデキデキである(この単語は、旧世界でしか通用しない)ことはよく知られている。それを言っただけで殺されるという恐怖の理論。[6](書くのは自由)

具体内容[編集]

超新星クラスの爆発、ブラックホールの生成、変人・狂人の発生、大規模な飢饉[7]などを引き起こし、最終的に宇宙を破壊する直接の原因[8]は、知的生物の思考によるとする理論。さらに発展した段階では、ビッグバンは未来の知的生物が、考えただけで起こったとする。その理論の片鱗は現実の数学理論のカオス理論の中のバタフライ効果などに出現。実は数学者の一部はこの理論を実在のものと考えており、それを数式化したのがカオス理論だということを知る者は少ない。ORと呼ばれる軍事や経済に関連する部門の数学はこの観念の具体化を魔術以外の科学として厳密な形式として捉えた理論だと言われている。SF小説のネタになることも多い。卑近な例では、2001年宇宙の旅のスターチャイルドなど。物理学者は脳細胞内の電子の遷移が連鎖してそれが外部に電波、化学物質、細胞などの形で露出し、それが、少しずつ世界の状態を変化させ、最終的に魔道師と呼ばれる一族の優位になるような、物質連携が行われているという仮説を立てている。しかし、それがなぜ、実際の経済活動や政治活動を変化させるか、までは詳しく理解されてはいないらしい。

より詳しい内容を知りたい探求者のためのガイド[編集]

これは、実は、現実に極めて近い経緯が書かれているのであるが、wikipediaにはふさわしくなく、冗談としてなら世間に公表できるという、筆者の決死の決意で書かれたものではあるのだ。冗談のようではあるが、しかるべき公文書保存所に実際足を伸ばし自力でこの愚考をたっぷりと満喫していただきたいというのが、筆者の願いである。

アメリカ政府関連の公文書庫などには、比較的良い形で保存されていて、黄色人種への圧力のためのコレクションとして残されているらしい。日本では、宮内庁関連でしかお目にかかれまい。完全に一般人には封印されている。中国などでは怪文書の形でよく出回っている。大英図書館にも存在するらしい。バチカンは神存在の科学的証明の一種だとして重宝しているらしい。

自己の多重象とは?[編集]

一般的な乗り物によるタイムマシンでは、よく起こり理解されているが、自分自身に会いに行くという出来事を指す。それが、自分が考えただけで起こりうるというのであるから、驚愕物である。これは、SF映画で映像化されたものがあるはずであるが、夢の中ではなく実際に現実界で自分がそこにいるような感じを、感じ取ってそれがウソであると信じるとそこには誰も存在せず、本当だと信じると実際に自分が年老いたような姿をした人間が現れるという現象らしい。いわゆる、ドッペルゲンガー。それを一族で継承して理解している場合は助かるが、そうでない場合、芥川龍之介の「歯車」のルポのように発狂し、あるいは自殺するらしい。なぜだか、山手線の電車の中でよく起こるためサイクルの呪いと呼ばれている。アンサイクロペディアのアンサイクロとは、このような時間の輪廻を忌むべき存在であると、サイクロの逆の意味を表すアンをつけたものだといわれている。

ドラゴンシステムとの関連[編集]

この宇宙はかつて、ドラゴンと呼ばれる炭素型宇宙人によって完全に支配されており、彼らは自身の種族の限界を超えるため、地球に恐竜として侵略し、この星に、生命連関操作システム、いわゆる、フロイトの超自我を作り上げ、これによって、サルを改造して、新しい超人類として地球を支配させるための生命継承の儀式が今行われているらしい。サルは地球の哺乳類の中ではマシであったが基本的に愚鈍であるので、宇宙の支配者として改造するための長期の進化儀式と宇宙戦争の勝利のための模擬戦争を次々と起こして、スパルタ式で人類に殺し合いを仕込んで地上の管理者に相応しい教育を行ったらしい。そのドラゴンによる最終的進化継承が魔術の伝承で、それは2000年の長きに亙る進化を必要としたらしい。そして、その魔術の最終奥儀がこの魔道師思考宇宙破壊理論であったらしい。それを継承することは、サルの意思で宇宙を破壊できることを認めるに等しく、上記したようにサル内部の大量の拷問死者を出したことにより、ドラゴンはサルをまだ信用できないと考えているらしい。(フリーメイソンに対するパロディー)Wizardly I のシナリオより。

そして、実は、ドラゴンは、鳥になって自由を得たので、鳥類と卵を食べないことが、人生の不幸をもたらさないコツである。 鳥を飼うものや、鳥を狩るものたちの、現実界での境遇を、調査してみるとよい。

公園で、ハトに餌を与えるおばさんたちが幸せなのはこのような理由によるのだ。

本当だよ。

Final Fantasy VIII[編集]

この書き込みに触発された、スタッフが、意気込んで作ったが、世間的非難の嵐に揉まれ、泣く泣く、プレイステーションを、別の株主に譲渡したきっかけ。スタッフの親類に、芥川龍之介がいたことから、またかこいつら、という世間の視線を浴びた。 あるいは、アルティメシア=リノアという、キリスト教のパロディーをやっちまって、白人様の大激怒を招いたことになった。関係ないが、リノアの父親は、ブッシュの親戚になってしまった。(マジで)。しかも、子ブッシュは、本作の大統領に激似。レクターやデクスタークラスのストーカーは、よくサンデーのラブコメの主人公になる、普通の若者に、魔王のような魔力を与えてしまうという、NHK

上にかかれたことは[編集]

ウソである。おバカな偉い人がこれに近いことを発表すると息巻いて、止められて退位させられたとか。→Final Fantasy VIIについて、知っていて、猫の暗喩の意味を知っていたら、この項目はそのまま、ゲームの中のジェノバプロジェクトの解説になっている。こっちがこうやって、奴らの思考を文章化してやったら、そのバカさ加減に気づいたことだろうて。実は、この項目がウソであり、そこから、現実社会の仕組みはどういうものであるかと、理解していただければ、これまで存在したすべての独裁者が、チャップリンで、北朝鮮は、オヤツ無しのディズニーランドであることがわかる。 そして、最も重要な、証言として、鶏が先か卵が先かという対論に対して、千年伯爵側の勝利確信後の、完全なる回答、あるいは自白、すなわち、「何を妄想を抱いているんだか。」という発言が、本当に得られ、悪人は、単に悪人であることが証明されたのだ。

脅威の現実[編集]

なんと、これを信じたものが、実在し、それを根拠に行動したものがいたそうな。だがそれにより、この項目がある意味、NHKであることを証明してしまった。

そして、これを知っているものたちは、実は Final Fantasy VII を完クリアしたことがない。つまり、ゲームをプレイせずに、相手が何を言いたいかNHK radio jack-in ver.で理解したのだ。 補足として、最近発明された、脳波マウスなる珍品をググることをお勧めする。もしも人類が、スタートレックレベルの時代になれば、この理論は常識レベルになる。

手ごろな敵[編集]

独裁者というものが、手ごろな敵として作られることを、猫のジュニアの発言により得られ、そして、なおかつ、選ばれるのは、本当に手ごろでなければ、相当危険であるということだ。

一蓮托生な人間が、世界中にいる一族に対して、日本から二度と出られない、ひよこ陛下ごときが攻撃をしてはならないという、戒めとして、インターネット創世記の戦いの記念碑として、「やつらの妄想記録プロジェクト」の一端として、これを書き込むものである。

まごころを君に[編集]

NHK ドラマシリーズ 中学生日記

手塚治虫 火の鳥 (発刊は昭和時代)

注釈[編集]

  1. ^ 世界終焉を目論む丸い体型のお方
  2. ^ 居そうな人をいないとして、逆に居なさそうな人を居るとして表現する方法。
  3. ^ 現実界にまともな形で存在出来ない為実際には世間に流通させてはいけない理論
  4. ^ 22世紀のコミックバンド
  5. ^ これから、起こるであろう事を、普段は非常に猫かわいがりする対象である、子供の子供あたりにすべて押し付けること。その子供の子供がさらにその子供の子供に押し付ければ、永遠に政治的負債を払う必要がないという、政治理論の結論としては万能であり、ゲーデルの論理学でも論破できず、アインシュタインもビックリの結論。
  6. ^ みんなが知っている、それを言っただけで殺されるような言葉の他の例としては、「極楽トンボの山本は女、」など。
  7. ^ はしっこい幼稚園児を数十分沈黙させる、とんち
  8. ^ internet
この項目「魔道師思考宇宙破壊理論」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)