鯖街道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鯖街道」の項目を執筆しています。

鯖街道(さばかいどう)とは、小浜の国を結ぶ、幾多のを越える複数の街道に対する呼称。小浜の国から都へとが盛んに運ばれていることが由来である。

概要[編集]

途中、布哇彩帆小笠原といった宿場町を経由する街道である。が、よく整備が行き届いているため運送人は休むこと無く街道を走り抜ける。これは運送人の殆どが電子の妖精であることにも起因する。

のみならず、フラッシュ装置ジグソーパズルも運搬されており、静かなブームとなっている加奈陀産のジャガイモも鯖街道経由で運ばれる。鯖街道で運ばれる鯖はその新鮮さにより、日本工業規格UTFによる調理法でおいしく頂けることから好評である。近隣で水揚げされた鯖よりも鯖街道経由で運ばれた鯖の方が新鮮であることすらよくあり、開通以来通行量は増大を続けている。国際的な主要街道としても極めて重要であり、これは鯖街道がこの東の都のみならず、さらに西の異国にある魂の都北の都と小浜の国を結ぶ唯一と言っていいメインルートともなっている点からも明らかである。

歴史[編集]

もともとは都のお上が小浜の国へ、金銀銅山吹色のお菓子を含む贈り物を運搬するために、1964年に整備された街道である。贈り物を受けとることの多かった小浜の国の建築家が設計した。無論その当時は鯖街道とは呼ばれておらず、小浜の国片方向への通行が非常に多かったため、小浜の国側からも、ライフルを装備した忍者の派遣にも用いられた。

その後通行量は著しく増大した。これは、以前においては都からしか運ばれていなかった豊田屋の車が、小浜の国側から運ばれはじめたことが大きく、往路と復路の偏りも小浜の国と都との間の努力により是正されていった。食料品が運ばれ始めたのもこのころからであるが、当時はまだ小麦粉蜜柑といった、比較的保存の効くものに限られた。

1980年代になると、の運搬のためこの街道は極めて混雑した。ものすごい量の株がやりとりされるため、街道は慢性的な渋滞に陥り、その上当時の都での株の競りが他のどの地域にも見られない独特のものであったため到着後の流通にも時間がかかり、腐ったり虫に食われたりして食べられなくなった株も少なくなかった。

卸売方法については労働組合の干渉により改善が難しかったため、新しいバイパス街道の整備によって事態の改善が試みられた。安全に通行できるよう至る所に確認ミラーが設置されたこの街道は1989年に完成し、輸送能力は飛躍的に向上した。しかし数年後景気の暗転により通行量は激減し、都では無駄遣いの象徴と揶揄されることすらあった。

ただ、景気の悪化に伴い同時に、当時フランス料理にとってかわったイタ飯ブーム和食回帰によって魚介類の需要が増大し、これらの鮮度を保ったまま運ぶための道が求められた。そこで白羽の矢が立ったのが、この小浜の国俄勒岡地方から都へと至る街道である。再整備されたばかりの設備の行き届いた新しい街道に飛脚や早馬の人気は集まり、たちまち最盛期の通行量へと回復した。さらに、1995年頃からは、俄勒岡のみならず加利福尼亜沙路で水揚げされたへの人気が沸騰した。この傾向は1999年に流通が始まった加利福尼亜名物である鯖の壷漬けが珍味として絶大な人気を持つようになったころから確固たるものとなり、何度拡幅整備をしてもまだ足りないほどに、現在でも通行量は増大を続けている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「太平洋横断海底ケーブル」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。