鳥取砂漠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
鳥取砂丘から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「鳥取砂漠」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

鳥取砂漠は、鳥取県全域を覆い尽くす日本最大級の砂砂漠地帯のことである。鳥取県が未だに発展途上県にある原因の1つとなっている。

概要[編集]

鳥取の中心街もこうなっている。

鳥取県の県土のほぼ全てを占めている。そのため、鳥取県は人口が少なく、数少ないオアシス地帯にのみ都市が存在しているが、そのオアシス地帯ですら時折強烈な砂嵐により図のようになってしまう。

砂漠の利点を活かしてメロンの生産に励むが、苗を植えたそばから砂に埋もれてしまい全く成果が出ない。

実態をよく知らないウィキペディアンをはじめとする人々には鳥取砂丘と呼ばれるが、そんな生易しいものではない。

交通[編集]

鳥取駅前でタクシーを待つ人の様子

鳥取砂漠の道は迷い道であり、ひとりで生きていけるかどうかもわからないほどである。あまりにもひどい砂漠のため、古くからオアシス同士の交流は遮断されていた。五畿七道の1つとして山陰道なる道があることにはあったが、山の陰の道とある通り、メインルートは中国山地沿いを進む道であった。

近代以降は、鳥取砂漠を伯備線因美線山陰本線が通るようになった。しかし、電柱や架線は建ててもすぐに砂に埋もれてしまうため、ディーゼルカーによって細々と運行されている。ちなみに、レールどころか駅も砂に埋もれるため、しばしば行方不明になる列車も存在するとか。

車は、砂上の道無き道を走れるようにジープが推奨されている。なお、鳥取砂漠において同じ場所に長時間いるのは自殺行為というのは地元民には常識のため、タクシーを待って生き埋めになるのは大抵鳥取砂漠を甘く見た都会人である。

厳しい自然状況により高速道路の建設は困難を極めたが、高架により道を見失わずに済むとして鳥取自動車道が多く使われている。ただし砂上での高速走行はスリップの恐れがあるため時速は70キロ制限となっている。オーバーして路肩より砂漠へ飛び込んだ車が良く目撃されるが、救助するのも命がけのため、救助する者はない。

情報環境[編集]

鳥取砂漠の広がる範囲ではオアシス内でも電波状況が悪く、テレビには砂嵐が映るのみである。また、電話もノイズがひどくとても連絡できたものではないため、住民同士の連絡にはもっぱら糸電話が用いられている。例え糸が砂に埋まっても連絡できることから、住民からの評判は良い。鳥取砂漠域内におけるWi-Fiという言葉を知っている人の割合は1割にも満たない。

民族[編集]

オアシスを襲撃する遊牧民

広大な砂漠を持つことから、日本で唯一の遊牧民がいる。普段はらくだを連れてオアシスの住民と物々交換をするなど友好的だが、たまに食料難におちいるとオアシスを襲撃して食料を得る場合がある。

被害の実例[編集]

東京出身のこん氏とあき氏は鳥取市内のオアシスに居を構える祖母の家に向かい鳥取駅から鳥取砂漠をトラバースする際遭難。あき氏は軽症だったものの、こん氏が右腕を失う大怪我を負った(ドキュメンタリー「こんとあき」より)。

2011年には、砂漠内において人骨が発見された。発見した住民は気にも留めていなかったが、その後の調査の結果江戸時代明治時代期に埋葬されたものだと分かり、「遭難した人の死体ではなかったのか」と住民達に衝撃を与えた。

関連項目[編集]